パンフレット専科HOME > 首都圏対応 > 埼玉導入事例-01

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

11月28日(木) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

パンフレット専科|さいたま

SAITAMA

ロゴデザイン・タグラインなどのVI計画・ブランディングデザインにより、
会社案内・CSRパンフレット・企業Web・商用Webの制作を、包括的に実践した導入事例です。

02 【埼玉導入事例-01】株式会社タカヤマ様/所沢市

お客様のリクエスト・ニーズ

メーカー、流通、販売業が動脈産業であれば、同社様の事業は静脈産業と言われている。このことから、同社様のコア事業である産業廃棄物処理事業は、取引ユーザやエンドユーザに認知されにくく、差別性の高い事業モデルの価値や貢献度が社会一般に伝わりにくい状況であった。自社のビジネスモデルや社会的貢献度等を認知させたい。また。企業価値を高め、ひいては業界の地位向上にまでつなげたい。というご要望があった。

AEMのソリューション

細かくヒアリングを行った結果、同社様は業界の中では風雲児とも言えるくらい、本業の事業では環境に貢献できる様々な新しい取組みや、テクノロジー導入に積極的に投資をしてきた経緯がある。しかしながら、このような社会的に価値ある取組みが、社会に向けたメッセージとしてきちんと伝わっておらず、それをどのようにして伝えたらよいかも実現できていなかった。そこで弊社としては、「企業価値を高める包括的なブランド広報戦略」と銘打って、まずは同社様のこれまで投入した広告やWEB等を現状分析、一貫したコンセプトに基づく運用はなく、包括的なメディア戦略と、それを展開するためのロードマップを策定し、系統的にプロデュースしていくこととした。

VI計画・企業ブランディング

会社のロゴデザインは一新したいというご要望で、VI計画としてまずロゴデザインを刷新することと、そこで同社様の総合的ブランド基準を策定し、今後その基準に基づいて、全ての媒体づくり、運用をおこなっていくものとし、同社様でもコンセンサスをいただいた。特に同業界では、企業ブランディング、企業価値向上といった、企業の社会的コミュニケーションをビジョンに置いた企業は少なく、もともと潜在力の高い同社様だけに、この価値を顕在化させることで、いわばオンリーワン企業、埼玉地域No.1企業の、いわば「他の追随を許さない」企業としての存在感を示すことができるものと考えた。

ロゴマーク
【ロゴマーク】

有機的でユニークな形状の3つの輪は、「タカヤマ(企業)」「人(地域・生産者・行政)」「自然」を象徴している。それぞれが重なり交わり合うことで、「資源をつなぐ・後世へつなぐ」というECOJOINのコンセプトを表し、それぞれが共生・共存しながら未来を創造していく様を表した。

会社案内

特に会社案内は企業ブランディングの最も縮図であるため、VI計画が完了した後、VI指針に基づいた会社案内のプロデュースを行った。同社様のポテンシャルを深堀りしていく段階で、さらに新たな要素が顕在化してきた。

人に優しく人間味に富んだ企業風土
現状に満足しない革命的な想像力・発送力
新しいことにチャレンジするスピリッツ

以上から、企業力、人間力の高さ、さらにイキイキとした活力ある、若くてパワーで溢れる人材にフォーカスを当て、各セクションの人材を登用する手法を採用。一方では業界風雲児たる改革精神、チャレンジ精神をあまり前面で強調はしないものの、それをフレッシュさ、イキイキした色彩、フリーハンドな自由度のあるデザインで、将来への可能性と創造性を表現した。

会社案内

コーポレートサイト

会社案内で制作したコンテンツ、デザインポリシー、ブランディングをもってサイト設計を行った。企業価値を高めるブランディングメディアとして、また商用サイト「汚泥.jp」の理論的根拠となるサイトとして、サイト定義を明確にした。更新情報の個所はCMSの動的コンテンツを配置し、同社様でリアルタイム更新を可能とした。

コーポレートサイト

ブランディング商用サイト「汚泥.jp」

企業価値を高める企業ブランディングの取組みもさることながら、「新規顧客の獲得」を推進したい、という同社様の強いニーズを、同サイトの最重要要件として構築することとした。従来から存在する「汚泥.jp」のドメインとそのサイトを、「新規顧客の獲得」という企業間取引のミッションを実現していくべく、まず業界競合に負けないNo,1ブランド力の構築を目指し、マーケット分析・競合分析から、サイト構造・コンテンツ設計、反響戦略と見込みユーザへのアプローチ等、営業プロセスまでを見据えた、営業戦略スキームを前提としたサイト構築を行った。またSEOコンサルティングの導入も視野に、ページ遷移設計、コンテンツチューニングなど、事前に無駄の無いプロジェクトとなった。

ブランディング商用サイト

SEOコンサルティング

明確な顧客イメージ、ターゲットイメージを顕在化させるため、徹底的に現状分析、業界分析、ターゲット分析をはじめ、競合分析を行った。その結果、検索結果の上昇と共に、これまでなかった大手企業、大口ユーザ、また全国各地からの反響が出てきたのは、明らかにSEO導入以前とは異なる状況である。

SEOコンサルティング

ユニフォーム

同社様の全業務の掌握をしている弊社のアドバンテージから、現場屋外各業務、内勤各業務別に作業ユニフォームの企画・制作を行った。

ユニフォーム