TOPIC-2

『アイム【アワード2018】&納会』レポート

2019.01.07

お客様、今年も1年大変お世話になりました。
社員もご苦労様!

平成30年も押し迫った12月21日(金)、
千代田区永田町の「東急キャピトルホテル」にて、
弊社【アワード2018】&納会を行いました。

弊社の本年の業績は、増収増益を見事達成!
これもひとえにお客様、パートナー皆様のお力添えの賜物と、
心中よりお礼を申し上げます。

さて本BLOGでは、
その【アワード2018】&納会をちょっとだけレポートしてみます。

会場入り

東急キャピトルホテルに着いて案内板を確認。
案内に従って進むと、
何とウチの会場の前にウエルカムボードがあるではないか。
いいねェ〜、いい感じ。。。

とは言え、このデザインはウチのデザイナーがつくったもの。ご好意で東急さんが掲出してくれた。これから始まるイベントに期待が膨らむ。

開会のことば

今回のMC、司会進行役はWebインテグレーショングループ(WIG)執行役員、統括部長の水越。
サブ役を山本(WIG)、アシストをアカウントプロデュースグループ(APG)の関井が担います。

MC水越
MC役の水越の絶妙なトークの中、開会宣言がなされた。
MC3名
ちょっと剽軽でお茶目なMC陣。左は関井、右が山本。

これを受けて代表の村田が社員へ1年間の労いの言葉を送り、
ご参加いただいたゲストのパートナーさんへお礼の言葉をお伝えしました。

代表のご挨拶
代表村田のご挨拶

ディナータイム

「かんぱーい!」
全員の唱和とともに皆グラスを飲み干す。
8888888888888888!

さ〜て、儀式が終わってと…
今日は東急キャピトルホテルのディナービュッフェです。
全員がこの日、この時を楽しみしてきました。

ビュッフェ
ビュッフェテーブルに行列。
ビュッフェテーブル
ビュッフェテーブル前で写メ撮っているのはOGデザイナーのユンちゃん。今もパートナーとしてデザイン制作を手伝ってくれています。今日はゲスト参加。
ローストビーフ
ローストビーフはシェフがカットしてお皿に盛ってくれる。これは極上でした。牛肉本来の風味とジューシーさのハーモニー。 さすが都内の一流ホテル!
会食
ここはMC関係者のテーブル。アワード本番までのしばしの会食。
会食シーン
この席はシニアの梅北と女子社員と何やらシリアスな話….

永年勤続表彰

さてそろそろ宴もたけなわとなってまいりましたが、
アワード発表に移る前に永年勤続の表彰です!
「10年選手の酒田で〜す。」

永年勤続10年表彰
永年勤続10年おめでとう!代表より賞金の授与です。でも10年ひと昔といいますが、駆け出しデザイナーとして入社した酒田も、今やデザイン部門の重鎮?として10年を迎えるとは….なかなか隔世の感があります。 ところで左後ろにある、小渕元官房長官の元号「平成」発表の会見画像?…Why?
酒田の受賞コメントに、一同大拍手!88888888888!

お待たせしました。アイム【アワード2018】の発表!

さて長らくお待たせしました。
いよいよ本日のメインイベント!
アイム【アワード2018】の発表です。

  • パンフレット部門
  • Web部門
  • ブランディング部門
  • 広報ツール部門
  • メディアミックス部門
  • 社長賞
  • MVP

実は社長賞以外の賞は、ノミネート作品の中から全て社員の事前投票で決定されます。

各賞の上位3作品が発表され、その中からグランプリが発表される。
ただし受賞はグランプリだけ。
グランプリ受賞作品に携わったプロジェクトメンバーが演台に上がり表彰を受け、
受賞者の喜びのコメント。
今回はその受賞作品の中から「ブランディング部門」、「Web部門」、「広報ツール部門」の3グランプリをご紹介します。
そして最後にMVPの発表です。
今回レポートでは「パンフレット部門」、「メディアミックス部門」の受賞紹介は割愛させていただきました。

ブランディング部門グランプリ

まずブランディング部門グランプリ受賞作品は……
「株式会社タカヤマ様のコーポレートキャラクター」制作チームでーーーす!

ブランディング部門受賞

ブランディング部門でのグランプリ受賞作品は「めぐる君」。受賞者が演台に揃う。
左からAPG(営業)武田、デザイナー佐々木、ディレクター兼コピーライター佐藤、デザイナー酒田の各スタッフ。
代表でデザイナーの佐々木がコメントした。
ちなみにこの作品は株式会社タカヤマ様のコーポレートキャラクターとして採用され、
早くもコーポレートサイト、名刺、マスコットのパペットに利用され、何と所沢市のマンホール蓋のデザインにも展開されている。
今後さらに採用ツール、各種広報媒体に広がる計画です。参考までにパンフレット専科をご覧ください。
https://www.print-solution.com/product/branding/works028.html

Web部門グランプリ

続いてWeb部門グランプリ作品の発表です。
グランプリ受賞作品は「江崎グリコ株式会社様コーポレートサイト(企業情報)」チームでーーす!

Web部門グランプリ

Web部門のグランプリ受賞作品の担当チーフデザイナーの甲谷のコメント。
担当クリエイターは左からプロデューサー小山、コピーライター佐藤。
クライアントは江崎グリコ株式会社様。
因みに同社様は弊社代表サラリーマン時代の古巣企業。
小山はじめプロジェクトチームがノーコネクションで、しかも並居る大手強豪を出し抜き、コンペ受注にこぎ着けた。
これはまさに称賛に値します。参考までに作品紹介サイトへ↓

https://www.hp-senka.jp/product/608/

広報ツール部門グランプリ

さらに続きます。
広報ツール部門のグランプリ発表です。
受賞作品は……
「アイムアンドカンパニー会社案内」制作チームで〜〜す!

アイム会社案内賞

それは今年約5年ぶりに弊社会社案内&作品集を全面改訂したため、80ページにも及ぶ制作作業の偉業を称えるもの。
グランプリは原則お客様ご依頼案件が対象ですが、
今回はあえて自社制作物がノミネートされ、見事受賞の運びとなりました。
スタッフは右からプロデューサー築山、デザイナー西、デザイナー生川、コピーライター練合、そして代表の村田。
村田はプロジェクト総監督を担ったため、受賞対象となりましたが、それにしてもドヤな格好はいらん!

各グランプリ発表は以上です。

社長賞

さてさて、いよいよMVP発表ですが、それに移る前に、
代表の独断と偏見で決める「社長賞」を発表させていただきます。
代表が演台に出て……「慶應義塾大学 大学院様 海外留学生募集パンフレット」チーム!!!!!

年間アワードを始めて10回以上になるが、今回初めて代表自らデザインに(といっても表紙と見開きのみ)携わった作品を代表が選んだよう。(自画自賛の我田引水ww)このシーンも代表(左)は何かドヤってる… 右からAPGの武田、コピーライターの練合。
クライアントは慶應義塾大学 大学院様です。

MVP発表!

そして長らくお待たせしました。
トリは有終の美を飾る、誇り高きMVPの発表です。
これはプロジェクトチームではなく個人のプライズ。

今年は何と2名同数での受賞、決選投票をとも思いましたが、
厳格にTOPを決めてどうこう、というイベントでも無いため、
同率1位2名ということに決定!

入社歴の長い社員から紹介します。
一人目はAPG(営業)の『此松う〜っ!』(このまつ)

109アパレル販売員を経て、営業実務経験無しで約3年半前に入社した時には(本人は向う見ず、会社は無謀…)、正直広告営業ウーマンとしてMVPをとるなんざァー、よもや誰も及びがつかなかったこと。
まだまだ売上・提案力では上長・上司にはかなわないものの、
大企業案件、強豪ぞろいの大型コンペを軒並み勝ち抜くなど(これは驚愕です。)、
立派に成長してくれています。
おめでとう! これを励みに来年も活躍しまくってくれたまえ。

お待たせしました。
二人目….デザイナーの『生川ァ〜っ!』(なるかわ)

某服飾専門学校の先生から転身の変わり種。こちらもほとんど実務経験無しで約2年半前に中途入社。
目を見張る勢い、雨後の筍とは彼女のためにあることば、といっていいほどの急成長ぶり。
やはりそのウラには、物凄い努力、飽くなき研究心、これには脱帽。
そして何と言っても健全な肉体!1年間無遅刻無欠勤です。
それらが実を結び、
今や案件をバッサバッサとこなし、今年の我社の数々の代表作の一角を担うクリエイターに躍進。
皆が認める受賞おめでとう!


ところで弊社は女子のパワーが強い。今回MVP受賞の2名はその典型。とても頼もしい。しかも未経験での入社が今の所すこぶる好調だ。ある程度のランクになるには一定の時間はかかるが、きちんと育てると、変な先入観やクセが無く、自我のないニュートラルな志のため、染まり方が非常に濃く、吸収力が高い。
またこの二人がコラボした案件をたまたま当BLOGでも紹介していた。本人たちの名前は出てきませんが、アカウントディレクター(営業)は此松、デザイナーは生川です。ご参考までにそのBLOG↓

https://www.print-solution.com/blog/293/


ということで、
全てのプライズの発表と受賞式が終わりました。
フゥ〜、興奮冷めあらぬ中でしばし歓談。

左から梅北、10年永年表彰の酒田、WIGの岩澤、デザイナー西、WIGの金尾。

さてそろそろフィナーレのお時間です。
で、大トリはアカウントプロデューサー上席執行役員の小山!
中締めを担いました。

一本締め
小山の一本締めで滞りなく、アワード&納会は幕を閉じたのでした。

名残惜しいですが、
最後に全員の集合写真です。
ゲスト参加、カメラマンの青木さん、
撮影どうもありがとう!

集合写真
ゲストのパートナーさんも含め全員で集合写真。 ちなみに青木さんの撮影はこの集合写真のみ。他の写真は全てウチの社員のスマホショットですので念のため。プロカメラマンの名誉は保ちます。

しかしこの集合写真でおもしろい現象が起こっていました。
MVPの2名、此松は前列左から2番目でほとんど小学生のノリ。
生川は後列左から2番目で笑顔はあるものの、何となく背後?のような存在。
まあそれぞれの個性としよう!
来年は2019年、平成最後の年を猪突猛進!