パンフレット専科HOME目的と用途ブランディング制作・企業価値向上 > 周年・創業記念はビジネスチャンス

アイム企業広告・広報戦略ミニセミナー&個別相談会

アイム企業広告・広報戦略セミナーin赤坂 【WEB】アイム企業広告・広報戦略セミナーin赤坂

個人情報保護認証ホームページ

パンフレットを初めて発注される担当者様へ。作成のコツ・作り方をご説明。

初めて会社案内やパンフレット・カタログを発注をされるご担当者へ。作成のコツ、作り方をご説明。

パンフレット相談室 パンフレット・カタログ制作のご相談

会社パンフレット・カタログ作成 相談室

パンフレット専科お役立ちコンテンツ

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社案内・パンフレットやプレゼンに活かせるPPTデザインです。デザイン会社が制作した高品質なオリジナル デザインが特徴です。

Mail Magazine メルマガ「AEMagazine」の配信登録はこちらから

週1回発行の6行メルマガ「AEMagazine」
好評配信中!会社の広告・WEB・印刷担当者必見。登録はコチラで。

クリエイティブスタッフ募集

周年記念パンフレット・WEBの創業記念ブランディング

5年・10年・50年…、脈々と年輪を刻んできた企業や製品・サービス。成長や進化を遂げてきたその一里塚を、社内外に見える化すること。ブランディング戦略として、ビジネスに少なからず効果をもたらします。

前の記事へ

次の記事へ

周年記念・創業記念の意義

周年・創業は企業だけでなく、製品・サービスもビジネスチャンス

10周年、50周年、創業100年…などと、企業の周年記念・創業記念、また製品やサービスにおいても「発売から20周年」というように、10年の倍数、またその半分の+5年(15年、25年…)を一つの事業の区切り、マイルストーンとして、企業の経年価値を可視化させ、周囲にアピールできる、数年に一度のビッグチャンスです。
企業の周年・創業では、あらゆるステークホルダーに対して存在価値を再認識し、社外の取引関係は営業的なビジネスチャンスのみならず、金融・官公庁へは信用性向上、社員へはその家族含め愛社心・ロイヤリティ向上、採用では安定志向の求職者への強い共感度醸成など、社内外含め様々なブランディング効果を生みます。

また製品やサービスでも同様ですが、よりエンドユーザーに近い位置にある、BtoCの製品・サービスにより効果的です。
製品への好感度アップ、ブランドイメージの定着、また周年に伴うセールスプロモーション、イベント・キャンペーン、純広告出稿など販売促進のチャンスに大いに活用していただけます。
昨今の傾向として、1周年、2周年、8周年…などと、10、5のきりのいい数字だけではなく、周年そのものを一つの販売促進の機会に押上げ、かなり細目な年度で周年を実施しているケースも見かけるようになりました。

周年創業は企業と製品・サービスもビジネスチャンス

周年・創業の可視化方法として、経年した年数をシンボリックに図案化したケースが多い。このマークを「アニバーサリーマーク」「アニバーサリーロゴ」または端的に「周年ロゴ」といいます。次項以降で言及していきます。

目的ではなく可視化して効果を狙う

お祝いで終わることだけでは…

周年・創業とはいえ、それを行うことが目的になってしまったのでは、実施する意味合いが自己満足的な域を超えることはなく、投資効果は限定的です。
例えば、周年レセプションを開催し、参列者・来賓に上製加工した社史・記念誌出版物や高価な記念品・ノベルティを持ち帰ってもらう、またその会場では作った社史ムービーを公開するなど、莫大なコストをかけます。
もちろんそれを否定するものではなく、周年を参列関係者でお祝いする、という意味合いでは目的を果たしますが、見方を変えればその場だけの”お祝い”、という域を超えることはありません。

大事なのは発信力・伝播力・機会創出力

重要なのは、関係者だけででなく、まだ見ぬポテンシャルユーザー、利害関係者全般にわたっての情報の発信力や伝播力、営業機会やコミュニケーション機会の創出、社員から家族・親戚まで含めた愛社心高揚、等々に結びつけるブランディング効果です。
それを最も可視化し、その精神や想いを社会に発信・伝播する手段として、前述した「アニバーサリーマーク」(周年ロゴ)の存在を無くしては語れません。

アニバーサリーマークと媒体展開

周年ロゴを媒体・ツールに反映

このアニバーサリーマーク・周年ロゴを核に、以下の展開方法で各媒体、各ツールに反映させます。

既存の広報・広告媒体への表記として
会社案内パンフレット、カタログ、WEB、名刺・封筒、会社エントランス、営業車マーキング等
周年・創業の専用媒体・固有のツールとして
周年パンフレット、周年バッジ、周年特設サイト、社史ムービー、周年社旗、記念誌、クレド、アニバーサリーブック、ポスター、記念品・ノベルティ等
マス広告・メディア出稿として
新聞広告、雑誌・業界紙広告、交通広告、プレスリリース、TV広告等

展開イメージとその効果的運用

30周年を例に、周年ロゴマークを核として、発信力・伝播力の高い会社案内・パンフレットや記念誌、社史ムービーなど、様々な媒体やツールに反映させる展開例をご提案します。
営業・商談シーン、事業・ビジネスシーン、社員の愛社心向上、採用シーン、IRシーン…等々、前述しましたが、お祝いの周年・創業だけでは、やはり投資効果という観点から、これからさらに飛躍、進化する企業としては少々疑問が残ります。
以下の概念図で、それぞれの投入目的、効果をご参照ください。

会社案内

30年の社史・ヒストリーをメインのコンテンツと、周年ロゴを配置。営業・商談・採用等のシーンが訴求機会です。金融機関、官公庁、株主への訴求力も発揮。

コーポレートサイト

サイト上に常時周年ロゴを配置、特設サイトへもリンク誘導。各種媒体やツール類でURLを記載し誘導。

周年特設サイト

社史・ヒストリーを中心に社員やOB・OG、著名人のメッセージ、40周年に向けたメッセージ等で、2年限定の特設で、社内外に広く情報発信。

名刺・封筒

既存の名刺・封筒デザインに30周年ロゴを配置、もしくはシール添付で告知。営業活動、展示会など名刺配布ごとに周知が自動化できる。見積書、FAX送信状、レターヘッドにも配置。

周年パンフレット

特設サイトの紙媒体版。30周年特化のコンテンツ構成で、社内外問わず営業・採用・イベント等様々な機会に多頻度に配布。上場企業の場合は株主にも配布。

会社エントランスサイン

30周年ポスター、もしくはタペストリーで演出。全ての来訪者にごく自然に告知を行なえる。

グリーティングカード

周年に伴う、社員とその家族に向けた感謝のメッセージ。グリーティングカード形式にて、別途作成した周年パンフレットやノベルティと抱き合わせで配布。企業・社員の一体感と連帯意識の高揚が図れる。

アニバーサリーマーク

製品カタログ

既存カタログには30周年シールを、新規作成するカタログはロゴ配置。特に総合カタログなどの設置用カタログは、オーダーや商談の度に、ユーザーの目に留まる。

社史ムービー

ストーリーだてした創業からの歩み、代表者のメッセージ、社外各方面の人物からの祝いメッセージ等が主なコンテンツ。周年レセプション、株主総会、採用説明会等で放映。

プレスリリース

有料・無料にかかわらず、複数のプレス社に周年を一斉配信。取材や掲載を誘導する。

記念品・ノベルティ

雑貨・調度品・装飾品等であれば、包材・化粧箱に周年ロゴ刷り込み、ステーショナリー類であれば、ノベルティ本体に名入れ、周年ロゴ刷込み。レセプション、社員・家族、展示会、採用イベント等で配布。

雑誌・業界紙広告

業界誌よりも、ユーザーやターゲットを対象とした雑誌・刊行物が最適。可能であれば、1年間位は継続掲載がベター。

記念誌アニバーサリーブック

上製仕上げの重厚な装丁の記念誌、またはもう少しライトなアニバーサリーブック。高価だけに社員、レセプション時のみ配布。

新聞広告

商圏や予算に応じて、全国紙か地方紙か、複数誌か単独かを選定。上場企業やその関連会社、地方であれば有力企業は一定の効果は期待できる。

パッケージ・包材

製品パッケージ・包装材など、表面に周年ロゴを配置します。特にエンドユーザーへの告知効果は抜群です。

営業車マーキング

営業車に30周年ステッカーを貼付。動く広告塔の役割を発揮します。

社内報・機関誌

社内報は社内のみになりますが、表紙に周年ロゴ、コンテンツは特集記事が効果的。また顧客対象の機関誌・広報誌はパートナー関係の強化を狙えます。

周年記念・創業記念の導入事例

Case Study-01 東芝エルイーソリューション株式会社 様

10周年記念ブランディング

  • 周年ロゴマーク
  • パンフレット
  • 特設サイト

全国点在のグループ企業各社が、設立10周年を迎え経営統合。社内の企業理念や事業ビジョンを共有し、連帯意識醸成を図る目的で、その象徴となる共通の指針やメッセージを社内外に発信したい。
イベント開催や豪華な記念誌ではなく、一定の予算で効果のある施策を導入したい。
このようなリクエストの下、弊社では現状認識を経て、
10周年ロゴマークを社内共通のシンボルとし、周年パンフレット+周年特設ホームページのメディアブランディングの提案を採用いただいた。

10周年パンフレット
10周年パンフレット
10周年ロゴ
10周年ロゴ
10周年WEBサイト
10周年WEBサイト

上製の化粧仕上げをした社史・記念誌であれば、ページ数、印刷部数にもよるが、やはりかなり高コストの可能性がある。同社様のご要望から、その意向はなく、枠内の予算で、しかも社史・記念誌よりコスト効果の高いアニバーサリーマークを核とした、パンフレット+特設ホームページの3点セットが、実は同社様の現状・実態に即した、最適な周年対策と評価をいただいた。
導入後、統合された社内の連帯感定着、また顧客や取引業者へも営業的効果として、企業ブランディング確立は想定以上のものとなった。

Case Study-02 医療法人清心会 山本病院 様

100周年記念ブランディング

  • 周年パンフレット
  • 特設サイト
  • アレンジロゴ

精神医療に特化した大阪府の山本病院様の周年記念パンフレット、並びに特設ホームページです。100周年という大きな節目を迎えるにあたって、周年記念の社史を伝えるパンフレットなどをつくりたい、という当初のご要望から、まず100周年コンセプトを「百年樹」と位置付け、そのパンフレットのデザイン・コンテンツをそのまま100周年特設ホームページに仕上げました。

パンフレット観音開き構成
パンフレット仕様
B5サイズ/8ページ観音開き構成
特設ホームページ
特設ホームページ
http://yaokokoro-hp.jp/history/index.html

アニバーサリーマークのご要望は特になかったが、やはり100周年の象徴として、病院ロゴマークと”100”を結び付け、「100周年アレンジロゴ」として提案、採用された。
これをシンボルとした、ブランドコンセプトの「百年樹」をキービジュアルとした、周年パンフレットを作成、表紙はそのコンセプトの象徴たる木目=年輪を全面にフィーチャーしました。
また特設ホームページは、その周年パンフレットのデザイン性やコンテンツをベースに、100年を迎えた年輪や生い茂る葉をモチーフにすることにより、経年価値や信頼性を高めるブランディングを表現しました。

Case Study-03 株式会社シーエスティ 様

40周年記念ブランディング

  • アニバーサリーロゴ
  • 社内啓発ポスター

創業40周年を記念して、アニバーサリーマークを作成。事業案内パンフレットやクリアファイルにロゴを反映させました。また社内の随所に、40周年の価値を全社員で分かち合うための、社内掲示用、「啓発ポスター」を作成します。

40周年記念

ページのTOPへ

前の記事へ

次の記事へ

このページのテーマである、
「周年・創業記念はビジネスチャンス」

にご興味を持たれたお客様で、導入実績をご覧になりたい場合や、
ブランディングで具体的な話をお聞きになりたい場合は、個別に対応いたします。
当パンフレット専科「パンフレット相談室」をご利用いただくか、
弊社プロデューサーによる御社への訪問で、実績と共にご説明させていただきます。
またその他の様々な会社案内、パンフレット実績現物も、あわせてご覧いただけます。

下記の「周年・創業記念ツールをお手軽構築」の事例も同時にご案内できます。

こちらも必見!“周年・創業記念ツールをお手軽構築”

こちらも必見!“周年・創業記念ツールをお手軽構築”

創業イベントや記念品、社史・記念誌と、高額な費用を伴う創業記念。
この周年・創業記念を「周年ロゴ+周年パンフ+周年サイト」の3点セットで、
しかもLightなコストで、高い露出度、存在感、信頼性醸成、さらにビジネスに効く、
ミニマルなプロモーションを実現します!周年・創業記念をご計画の企業様、必見です!

周年・創業記念ツールをお手軽構築 >>>

▼遠慮なく、お気軽にお申込みください▼