パンフレット専科HOME目的と用途社員採用に使う > 2018年採用パンフレット戦略 > 採用パンフレットづくり3つの要点

アイム企業広告・広報戦略ミニセミナー&個別相談会

アイム企業広告・広報戦略セミナーin赤坂 【WEB】アイム企業広告・広報戦略セミナーin赤坂

個人情報保護認証ホームページ

パンフレットを初めて発注される担当者様へ。作成のコツ・作り方をご説明。

初めて会社案内やパンフレット・カタログを発注をされるご担当者へ。作成のコツ、作り方をご説明。

パンフレット相談室 パンフレット・カタログ制作のご相談

会社パンフレット・カタログ作成 相談室

パンフレット専科お役立ちコンテンツ

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社案内・パンフレットやプレゼンに活かせるPPTデザインです。デザイン会社が制作した高品質なオリジナル デザインが特徴です。

Mail Magazine メルマガ「AEMagazine」の配信登録はこちらから

週1回発行の6行メルマガ「AEMagazine」
好評配信中!会社の広告・WEB・印刷担当者必見。登録はコチラで。

クリエイティブスタッフ募集

2018年採用パンフレット戦略 採用ツール戦略

採用パンフレットを新年度向けにリニューアルしたい。新卒学生に共感を与える採用サイト、他社と差がつく企業説明会・合同説明会パンフレットを作りたい!Facebookソーシャル含め求める学生をGET!

前の記事へ

採用パンフレット実績 合説に効いた特選13例

次の記事へ

合同説明会 採用パンフレット入社案内/合説に効いた特選13例

採用ご担当者様のお悩み

採用ご担当者様のお悩み

経団連「採用選考に関する指針」で2017年新卒採用活動では、採用・選考期間の大幅短縮となりましたが、ご存知の通り、短縮によってかえって学生の活動期間が延長したことや、中小企業における内定辞退者の続出等、デメリットの部分も顕在化してきました。まだまだ採用予定人員数に満たない企業様は、まだこれから秋採用や入社直前採用の、言わば通年採用も余儀なくされることもあるかもしれません。3月の「広報活動」、6月の「選考活動」を終了してほぼ内定、内々定者が計画に至った企業様においては、一段落も束の間、早い企業様は、すでに2018年新卒採用の準備に着手されており、遅くとも’16年内には2017年3月開催の広報活動の企業説明会、大学主催説明会、各種合同説明会に向け、事前準備が佳境になっていきます。特に採用広報の重要な存在になる、採用パンフレット・入社案内、ハンディング用リーフレット、採用PRムービー、会場ブースの演出ツール、ポスター、ノベルティ、PPTテンプレートまで、多様な採用ツールづくりの出来不出来が、採用計画の成否を決定付けるといっても過言ではありません。

一方このことは、中堅・中小企業様にとっては、逆風下での採用戦線を強いられことは引き続き必至で、従前にも増して採用パンフレット、採用サイト等採用ツール投入手段、タイミングが重要になってきます。弊社として高いクリエイティブ性と御社の採用戦略、企業ブランディングにマッチした、採用パンフレットを始めとする採用広報ツール制作を、力強く支援させていただきます。

採用活動失敗の原因

採用活動の悩み

●AEMのADVICE!
新卒学生の定期採用企業は、1万社以上。各社とも3月から採用パンフレット等の採用ツールを使って学生にアプローチします。山のような採用ツールの中で学生の興味を引きつけるには、「他社に埋もれないキラリと光る個性」「企業説明会、合同説明会場で他社に差別力を発揮する採用パンフレット」が必要です。

集まらない。

集まらない。

うちの会社の存在が、他の
求人企業の中に埋もれている。
もっと違いをハッキリ出して
興味を持ってほしいのだが…

●AEMのADVICE!
就活中の学生は数多くの企業にエントリーします。上位志望の企業研究はできても、説明会に参加した全ての企業を理解するのは難しいことです。その意味で短時間でわかりやすく会社の全容を伝えられるか、企業の差別的優位性たるブランディングの表現力がカギと言えます。

伝わらない。

伝わらない。

面接に来る学生が、
どうにも我社のことを
理解してくれない。
これでは採用はきびしい…

●AEMのADVICE!
「よい企業」「好きな仕事」と学生が判断した時、入社を志望し採用試験を受ける訳ですが、複数企業の内定を取った学生が最後の選択の決め手となるのは「好感」だけでなく「共感」です。学生の心に響く採用パンフレットを提示できれば歩留まり率が向上でき、内定辞退者も極力抑えることが可能になると言えます。

逃してしまう。

逃してしまう。

欲しいと思う学生を終盤で
取り逃してしまう。我社に
共感し、入社を決めさせる
決定打がほしいのだが…

さらには企業と学生のミスマッチにより、新卒採用後、短期間で退職してしまうことも課題となっています。その原因は採用活動時のコミュニケーションのズレ、学生側の企業理解不足による入社後のギャップが挙げられます。

採用パンフレット3つの要点

このように母集団がつくれないことや、相互理解の不足などによる、採用活動に苦戦を強いられている状況は、弊社が提唱する採用パンフレット、採用ツール展開の3つの要素に着目して、再点検を行います。

興味を持つと集まる!
事例を見る

集める!

興味を持つと集まる!

貴社との鮮やかな出会い。まず目を引くこと。 採用活動の序盤にファーストインパクトで差をつけること。個性のある採用メディアは、学生がその会社に期待感やパワーを抱かせる印象的な出会いであり、興味を喚起する要因となります。

伝えて理解してもらう!
事例を見る

伝える!

伝えて理解してもらう!

わかりやすさの工夫。ポイントはビジュアル解説。 事業の仕組みや、商品、サービス、仕事の内容などを短時間で把握できるようにすることがポイントです。それには会社の全体像をビジュアルに捉えられる図示などを効果的に取り入れるようにします。

共感すると逃げない!
事例を見る

逃さない!

共感すると逃げない!

入社を決める決定打は、自分の将来像がそこに見えること。 会社でキャリアを磨くことで、その先にどんな自分が見えるか。自分が取り組む仕事を通じて社会のために、未来のためにどんな貢献ができるか。共感のヒントは、そこに映る「なりたい自分」です。

以上を踏まえ、御社の採用計画をヒアリングさせていただき、御社の実態にマッチした効果的な採用パンフレット、採用ツールを活用した、就活学生とのコミュニケーションプランをご提案します。

興味を持つと集まる!

2018広報活動を成功させる採用ツールづくり

ページのTOPへ

前の記事へ

次の記事へ

このページのテーマである、
「2018年採用パンフレット戦略」

にご興味を持たれたお客様で、導入実績をご覧になりたい場合や、
もう少し具体的な話をお聞きになりたい場合は、個別に対応いたします。
当パンフレット専科「パンフレット相談室」をご利用いただくか、
弊社アカウントプランナーによる御社への訪問で、実績と共にご説明させていただきます。
またその他の様々な会社案内、パンフレット実績現物も、あわせてご覧いただけます。

▼遠慮なく、お気軽にお申込みください▼