パンフレット専科HOME > お客様の声

アイム企業広告・広報戦略ミニセミナー&個別相談会

【WEB】アイム企業広告・広報戦略セミナーin赤坂 アイム企業広告・広報戦略セミナーin梅田

個人情報保護認証ホームページ

パンフレットを初めて発注される担当者様へ。作成のコツ・作り方をご説明。

初めて会社案内やパンフレット・カタログを発注をされるご担当者へ。作成のコツ、作り方をご説明。

パンフレット相談室 パンフレット・カタログ制作のご相談

会社パンフレット・カタログ作成 相談室

パンフレット専科お役立ちコンテンツ

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社案内・パンフレットやプレゼンに活かせるPPTデザインです。デザイン会社が制作した高品質なオリジナル デザインが特徴です。

Mail Magazine メルマガ「AEMagazine」の配信登録はこちらから

週1回発行の6行メルマガ「AEMagazine」
好評配信中!会社の広告・WEB・印刷担当者必見。登録はコチラで。

クリエイティブスタッフ募集
  • お客様の声
  • お客様の声 No.12
  • お客様の声 No.11
  • お客様の声 No.10
  • お客様の声 No.09
  • お客様の声 No.08
  • お客様の声 No.07
  • お客様の声 No.06
  • お客様の声 No.05
  • お客様の声 No.04
  • お客様の声 No.03
  • お客様の声 No.02
  • お客様の声 No.01
  • スペシャルインタビューno.01

早稲田大学 先進工学部 応用化学科 様「最先端の学科を明確にナビゲート。」制作実績はこちらからご覧頂けます >>>

前の記事へ

次の記事へ

クライアント様からのリクエスト内容

学科案内

リクエスト

  • 当学科の魅力のひとつは、キャンパスが都心にあること。アクセスの良さを分かりやすく表現してほしい。
  • 資料請求やオープンキャンパスで使う予定。競合校と並んだ時に差別性があり、募集効果の高いもの。

弊社のご提案

  • 副都心線西早稲田駅と校舎の両方を写した表紙ビジュアル、新宿高層ビル群とキャンバスを俯瞰した扉ページで、都心立地のアドバンテージを具体的に訴求。
  • 競合校パンフレットと明らかな違いを出すため、A4変形のスリムサイズを採用。形状の面でも知的で洗練された印象を演出した。
  • 受験生の保護者への訴求力に考慮し、指導陣の紹介コンテンツを一新。インタビューしながら撮影した自然な表情で、教授の個性を伝え、高い指導品質のイメージづくりを狙った。

PROFILE

最先端の科学を社会や暮らしに還元できる人材を育成。

早稲田大学先進理工学部 応用化学科|早稲田大学のなかでも、先進理工学部は、自然科学を基礎として最先端の研究・教育・社会への実践的な貢献を実行する先進的な学部です。原子や分子の世界から新素材・ナノテク・エレクトロニクス・バイオ・生命・医療・エネルギー・環境など対象とする分野は幅広く、21 世紀の最先端科学の中心として各分野をリードしています。

■明治15年開校(学科は平成19年グローバル CEOに採択)
■所在 / 東京都新宿区
■ホームページ:http://www.waseda-applchem.jp

インタビュー時の写真
インタビュー時の写真

世界の最先端の化学技術を、実社会でどのように役立てるかという視点で研究を進める早稲田大学先進理工学部応用化学科様。先進の理論・技術を習得するのみならず、現実的に活用することを前提として基礎理論を学ぶことができ、将来企業のリーダーとして戦力となり得る人材を多く輩出しています。一方、少子化が進む中で、日本の技術を牽引しうる学生の確保については競争が高まりつつあり、これまで以上に受験生側の視点に立った募集のアプローチが求められているのが現状です。今回のプロジェクトにおいてアイムアンドカンパニーに求められたソリューションは、パンフレットの作成を通して、早稲田大学先進理工学部応用化学科様の魅力を最大限に引き出し、受験生らの応募につなげることです。競合校との明確な差別化、そして高校生・高専学生・予備校生の興味・関心に応えるコンテンツ企画が求められました。

Q:今回のパンフレットは、立地を強く打ち出したものになっています。

インタビュー時の写真

A:「都心立地」という当学科のアドバンテージを強調したいと考えていました。大学は郊外・地方に環境を求めることが多いので、都心に集積した立地で4年間学べることは、他校との大きな差別性ですから。しかし、それをどう魅力あるコンテンツにするのかは、御社に力をお借りして新たに練り上げた部分です。具体的にいえば、当学科のキャンパスは西早稲田駅と直結しています。副都心線1本で渋谷・新宿へ行けるということは、若いターゲットにとって通学利便性以上の付加価値があります。

インタビュー時の写真

また、技術応用の現場ともいえる実社会が窓の外に広がっている環境は、研究のモチベ-ションにもなるでしょう。単純な地図では実感させることのできない内容だと思います。結果的に、副都心線西早稲田駅と校舎の両方を写した表紙ビジュアル、新宿高層ビル群とキャンバスを俯瞰した扉ページを提案していただきましたが、これほどうまくビジュアライズしていただけると思っていなかったので、非常に満足しています。

Q:他のコンテンツについてはいかがでしょう?

A:専門性の高い最先端技術の分野をよくご理解いただきました。以前使っていたパンフレットに比べても、今回のパンフレットの方が格段にインパクトがあり、知性を感じる仕上がりになったと思います。

Q:ありがとうございます。最近、学生の目に留まるためにインパクトばかりを追いかけた募集ツールは多いのですが、当社はより誠実に、学校の特徴を魅力あるものとして実感させようと心掛けたつもりです。例えば、指導陣についても、魅力の一部として紹介したいと思っていました。

A:確かに、そうですね。学生と指導者の距離が近いですから。当学科は「理論の先に研究がある」という基本姿勢に立っております。まずはしっかり理論を学んで、その上で社会に役立つ研究へ進む積み上げ式のカリキュラムです。実際優れた教授たちですし、学生とじっくりつき合うことになりますから、人物がアピールポイントになるのは理に適っています。以前の教授紹介は証明写真のようなものでしたから、生き生きと写し撮られたあの笑顔の写真は新鮮でした。

インタビュー時の写真

A:これまで色々な取材で撮影に立ち会いましたが、ここまでこだわりを持った撮影をされるところは他にありませんでした。教授たちの個々のキャラクターをうまく表現できていると思います。

Q:制作過程では問題はありませんでしたでしょうか?

A:特にありません。いつも丁寧にスムーズな対応をしていただきました。今回はインターネットで検索してお願いしたわけですから、正直に申し上げれば、不安がなかったわけではありません。しかし初回の打合せで信頼できる会社と感じましたし、制作全体を通して、まったく不安はありませんでした。

Q:ありがとうございます、そう言っていただけて安心しました。当社としては末永くおつきあいいただきたいと思っておりますが、今後について何かご要望はございますか?

A:そうですね・・・。学校も様々な面で、Webと連携させた展開が必要になってきています。今後そのような機会も出てくるでしょう。その時はアイムアンドカンパニーさんにお願いしたいと思います。また、学科として発信できるコンテンツというのは意外に少ないものですから、コンテンツを引き出して印象的に表現するという点でも、ぜひご尽力いただきたいと思っております。

Q:承知いたしました。その節はまた全力でご提案をさせていただきます。お忙しい中、本日はありがとうございました。

担当者からひとこと

応用化学科様のコンセプトである、「役立つ化学、役立てる化学」をわかりやすく伝えるため、片観音のプロローグを活用し、1ワードずつ分けて解説しました。余談ですが、見開きのキャンパス全景カットの撮影は4月の上旬。木々がまだ色づいておらず、その後の画像のレタッチには気をつかいました。反面空が非常に美しかったので、ほとんど修正することなく使用しています。

制作実績

入学案内パンフレット

学科の強みを印象付け、“受験生にとっての魅力”をしっかりと伝える
募集効果の高い学校案内へ。

入学案内パンフレット

  • サイズ: A4 変形片観音/ 18P
  • 用紙: ハイジェントル(表紙:170kg 中頁:135kg)

前の記事へ

次の記事へ