パンフレット専科HOME > お客様の声 > 【お客様の声-03】株式会社トーショー 様

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

04【お客様の声-03】株式会社トーショー 様

ご出席者
営業部 営業企画グループ 橋本行平 様

与信管理のコンシェルジュとして、
新たな顧客の信用管理を力強くサポートしたい。

制作媒体

会社案内パンフレット・オフィシャルWebサイト

リニューアルのきっかけは、代表者様の世代交代、それと市場の変化。

Q:まず今回ご依頼いただいた会社案内、コーポレートサイトの両リニューアルリリース後の社内外の評判はいかがでしたか?

橋本様:一言でいうならば、とても個性的で象徴的な素材である、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」を、メインイメージとしてシンボリックに表現いただいたことは、社内で評判です。企業の与信管理の先導役として、弊社の存在感を強く印象付けられており、弊社の企業イメージ向上に、少なからずつながっていくのではと思っています。

橋本 様
橋本 様

「市場ニーズや経済環境の様変わりが、コンテンツやデザインリニューアルの必然性。」と橋本様談。

Q:ご評価いただき、ありがとうございます。では今回両媒体をリニューアルされることになった経緯をお聞かせください。

橋本様:まず一つは、前回もやはりアイムアンドカンパニーさんに会社案内、WEBサイトをつくっていだきましたが、その時も大変インパクトのある、戦国武将の北条早雲をデザインモチーフにしていただきました。これも社内では大変評判がよく、情報を戦略的に操って、戦国の世で活躍した早雲と、弊社の事業のあり方をオーバラップさせ、巧みにデザイン表現していただきました。
前回作成から5年が経過し、その間弊社 現代表の小出への社長交代があり、さらにサービスの一部が変更となった箇所もあったため、リニューアルの必要性が生じてきました。

それともう一点は、時代の変遷と共に、市場ニーズや環境が大きく様変わりしてきたことです。あくまでも一般論ですが、企業の与信管理部門の組織に、職人的専任者が少なくなってきた実感があります。言い換えれば、我々の顧客へのアプローチの方法も、それと同時に変わらなければならない。
当然そこで営業活動や認知度向上のための媒体である、会社案内やWEBサイトも変わること、いわば刷新が必要になったわけです。

単にリニューアルだけでなく、イメージ統一の重要さ、成果を求めることの重要さ

Q:なるほどよくわかりました。 では次に実際に弊社に正式ご発注いただく前に、御社へのヒアリングを踏まえ、企画提案、デザイン案を提示させていただきましたが、この企画プレゼンに関してはいかがでしたか?

橋本様:弊社が現在かかえている課題やニーズを巧みに拾っていただいたと思っています。
前述の通り、象徴的なイメージを提案してほしいという弊社のニーズに応えていただいただけでなく、そのブランディングデザインやブランドイメージをシームレスに媒体へ反映させる、一歩踏み込んだご提案をいただきました。まさにこのメディアミックスという概念は、企業のブランドイメージ形成に大変重要だと思っています。素材、色遣いや 表現のルールに至るまで、きちんとコーディネートされ、統一されている企業イメージは、お客様から見ると「信頼おける会社」、「きちんとマネジメントされた会社」、「こだわりや主張がある」、などといった企業価値を高めてもらうことに直結します。これはとても重要で、これを軸にご提案いただく、アイムアンドカンパニーさんの姿勢は、弊社のスタンスととても価値観を共有できるものでした。

橋本 様

Q:さらに今回、WEBを使ってビジネスの機会を創出できないか・・・、という御社のご要望がありました。この点についての弊社の提案はいかがでしたか?

橋本様:特に昨今耳にするようになった、いわゆるWEBを介して顧客を獲得する、営業機会を創出する・・・、などといったことを弊社でも導入できないか、ということでした。
この弊社の要求に対し、アイムアンドカンパニーさんから、WEBマーケティングのご提案をいただきました。検索エンジン連動集客施策やWebマーケティング施策を通じて、ユーザーを弊社サイトへ誘導する、いわゆるメディアとマーケティングを連携させた企画のご提案でした。その反響ユーザに対し、弊社営業部隊がリニューアルした会社案内で営業アプローチする、といったシナリオです。
今後自社内でもノウハウをさらに蓄積し、積極的にリニューアルしたWebサイトを活用していきたいと思います。

Q:では最後になりましたが、広告・制作物に関する今後の御社の取組み、また弊社に対する今後のご要望などございましたら、お聞かせください。

橋本様:今回会社案内と自社オフィシャルサイトをリニューアルしたばかりですので、すぐに解決しなければならない課題はありませんが、今回アイムアンドカンパニーさんと一緒にリニューアルプロジェクトに携わって感じたのが、媒体を制作することやリニューアルすることが目的になってはいけないということ。そこには必ずその媒体に求めるミッションや、かなえたい目的があるはずだということ。ここに気付かされたことは一定の成果だと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

AEM:こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。

お客様情報

1. 株式会社トーショー 様 概要紹介
「厳しい経済情勢の中、与信管理サービスで企業の安定成長を支えたい。」そんな思想の下、与信管理のコンシェルジュとして、独自の与信管理モデルや差別性の高いサービスラインナップをもって、企業の信用インフラを支え続け、成長を遂げている。

2. 会社情報

  • 所在地:東京都中央区
  • 事業内容:企業情報の分析管理及び提供業務