パンフレット専科HOME > ブランディング・CI > ブランディング導入事例-2

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

05ブランディング導入事例-2

05ブランディング導入事例-2

2. ロゼット株式会社/新事業戦略に伴うリブランディング

企業情報とブランディングの経緯

東京品川に本社を置き、女性の美を追求する化粧品一筋に創業80年を越え、”ロゼット”の名称としてリブランディングして60年を経過する老舗企業です。昭和世代の方々にはTVコマーシャルで馴染みの方も多いと思います。この同社様がM&A・事業再構築により、経営体制を改め新事業計画を策定。新体制後も永年定着しているディープなファン層を大切にしていきたい、という一念からBtoCマーケットでは店舗販売、通販・ECサイトの拡充を図ること、また現在の優れた開発・生産体制をフルに活用すべく、医家向け販売、OEM体制の稼働を推進するBtoB分野の本格参入を事業の柱に据えていきたい。世代を越えた経営体制刷新に伴うリブランディングの取組みとなった。

ブランディングの媒体展開

BtoB分野の医家向け販売や受託生産方式という取引形態はこれまでにも無かったわけではないが、営業部隊を拡充し市場に積極的に働きかけていくのはまさにこれから。ターゲットとなる医療系、化粧品やスキンケア等のトイレタリー製品を扱う企業への商談を仕掛けていく。その際の重要なセールスツールの一つに会社案内・企業パンフレットがありますが、信頼や信用をユーザーに植え付けるミッションを担います。それと同時にその会社案内・企業パンフレットのコンテンツとして、リブランディングした証であるOEM生産体制、それを巡る研究・開発体制に関する情報を網羅した、セールスツールのミッションとしては最も重要なもの。
これらの要件を満たすコンセプトの下、営業パーソンによる法人営業活動に使用する基本媒体として、この法人営業向け会社案内を作成することとなった。
さらにM&A・体制刷新を終えた同社様が、社会やマーケット・消費者とのコミュニケーションのスタイルを確立し、同社様でしか成し得ない事業マーケットの創出で業界差別性を発揮する、それにより新たなコンタクトポイントの創出がなされる。これらを明確に定義する新たなブランディング、つまり新世代リブランディングとして新たな方向性に舵を切ることとなった。

会社案内の表紙デザイン
会社案内の表紙デザイン

新事業戦略に伴う法人営業活動の必須ツール。攻撃的な出たちと思いきや、あに図らんや、ホワイトベースのとてもエレガントな表紙デザイン。やはり歴史ある化粧品ブランドとしての、リブランディングの基幹媒体としてはきちんとその矜持を保っている。

会社案内 本稿各ページ

下画像は同社様が脈々と築き上げてきたプロダクトブランドと、それをめぐる輝かしいヒストリー。

会社案内
会社案内

OEM受託生産体制・開発体制のコンテンツページ

優れた開発や生産体制を掲載したページは、OEM受託や医家向け事業者への商談に欠かせない、営業パーソンのマストツール。

OEM受託生産体制・開発体制のコンテンツページ
OEM受託生産体制・開発体制のコンテンツページ

会社案内本体と各種ペラパンフレット

会社案内にはCI・企業コンセプトや法人営業向けのメインストリーム情報と併せ、従来から展開の事業情報をペラパンフレットでカバーする。会社案内のミッションやプレゼンスからして、企業の全貌をオーバービューさせることは当然のことだ。

会社案内本体と各種ペラパンフレット

Webへの展開とコンタクトポイント

この会社案内の作成に伴い、企業Webサイトが言わば企業の広報媒体として強い存在となりますが、新たな事業展開によるリブランディングに関連して、会社案内と企業Webサイトの、コンセプト・コンテンツ・デザインの同期は必須です。
店舗販売、通販・ECサイトでは、購入エンドユーザーのサイト運営企業の評価や信用を担保する存在、また医家向け・OEM向けのBtoBにおいてはさらに厳しい評価にさらされます。特に同社様と新規取引を検討しているユーザーの与信や審査の一つに、オフィシャルサイトへのアクセス閲覧が挙げられます。コンテンツ・デザイン表現の品質、代表者メッセージ、企業概要等、その一つ一つのクオリティを問われ、ブランド相応の企業なのか?取引するに信頼できる企業なのか?またWebで語っていることが会社案内と同期が図られているのか?包括的なブランディング視点で媒体制作にあたりました。

オフィシャルWebサイトのTOP/法人営業を後方支援する重要なミッション
オフィシャルWebサイトのTOP/法人営業を後方支援する重要なミッション
会社案内と同期させたOEM受託生産コンテンツページ
会社案内と同期させたOEM受託生産コンテンツページ
医家向け販売に関するコンテンツページ
医家向け販売に関するコンテンツページ

【NEXT】「ブランディング導入【6】事例-3」に続きます。

次のページは導入事例の3番手です。準大手の独立系税理士法人の会社案内・コーポレートWebサイトの導入事例です。
法人・個人の両面で強みを持っていますが、移転を機に法人領域の拡大戦略に舵を切った。卓越したナレッジと独自の戦略を士業グループのブランディングで市場拡大に挑みます。「ブランディング導入【6】事例-3」>>>