パンフレット専科HOME > 作成のポイント > Web制作のポイント

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

人事・採用責任者
必見!

2021卒に向けて

採用パンフ・
採用サイトづくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

7月26日(金) 詳しくはこちら
Web・広報担当者
必見!

成功する

Webリニューアル
の秘訣
【東京開催】

事例研究小セミナー

7月24日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

01 Webサイトの機能要件

会社案内と企業Webサイトの視覚的統一は、CI・ブランディングの原点。

CI・ブランディング機能

Webを介したブランディングの有用性は様々存在しますが、弊社で捉えているのが一つは、Webサイトにアクセスし、サイトの操作性や使い勝手の良さで好感を持った体験、サイト訪問で得られた情報への満足度です。このユーザーのWebサイトでの体験、いわゆるユーザーエクスペリエンス(UX)による好感醸成がWebブランディングの目的であり、ユーザーを次のステージの様々なアクションへ誘導する原動力になります。

マーケティング機能

集客、企業間取引、ECなどの効果的運用には、このマーケティング施策が重要な位置を占めますが、その手法にはGoogle検索エンジンの自然検索を活かした最適化対策、検索連動型有料広告、リマーケティング広告、その他多種多様ありますが、アクセス解析から得られたデータや数値を分析し、さらに仮説を立てユーザーとの駆け引きで目的の成果を得るものです。

集客・プロモーション機能

集客やプロモーションといっても対企業のBtoB、対個人のBtoCがありますが、どちらの集客方法やプロモーション戦略でも、Webを介しない施策はほぼ皆無と言える状況です。飲食店の店頭チラシやリーフレットでも、QRコードが印刷されており、そこからスマホサイトへ誘導することが一般的です。

02 Webの目的別構成

採用Webで入社後の手厚い人材育成制度を、親しみやすいイラストレーションでビジュアル化した。

企業間取引

ビジネス機会を創出する企業Web・商用Webについて説明を加えていきます。
前ページでも言及していますが、今や企業Webサイトが何らかの商用機能をもたらす場合も、実はECサイト運営となるようですが、ここでは企業間取引としてBtoBのビジネス目的のWebサイトのあり方に言及します。

採用活動

採用Webは求職者とのイニシャルコンタクトであり、最後の一押し的存在と言えます。
運営形態から採用Webサイト、企業Webのカテゴリーサイトの二通りに大別されます。またその情報構成で大別すると新卒採用と中途採用に分かれ、企業によっては第二新卒やシニア採用のコンテンツまで準備する必要性もあります。

CIやブランディング

主に企業のオフィシャル企業サイトを軸に据えることが一般的です。企業の広報媒体、情報発信媒体としては会社案内や企業パンフレットと並んで、その存在が一層重要視されています。製品情報やサービス情報など一定の商用性を兼ねた企業サイトと、一途に信頼性・信用度を醸成させ、企業価値やブランドイメージづくりに徹する企業サイトと二つに大別されます。

03 Webの媒体連携の効果

メディアミックス効果

企業Webや商用WebでもWebサイトを軸に、多様な媒体とのコンビネーションや組合せの中で、コンセプト設計や情報・デザインのコンテンツ設計を固め、これらを一つのパッケージに仕立て、統一概念、統一レギュレーションの下で展開をしていくものです。

クロスメディア効果

前項のメディアミックスと似て非なるもので、その基本概念や目的とするところが異なります。
このクロスメディアは、一部の例外を除き、ほぼWebサイトがその主役として大きな役割を果たします。その例として、TV-CMで大衆に告知をし、「続きはWebで」や「Webで検索」などとしてキーワードを示し、Webサイトへ誘導するものです。