02効果的な動画の作り方

02効果的な動画の作り方

長くても3分を目安に

せっかく制作するのだから〜 と、少しでも多くの内容も盛り込みたくなりますが、長すぎる動画は逆効果です。
視聴者の集中力が続くのは3分が限界といわれています。
動画は視覚と聴覚に同時に訴えるため、写真と文字の媒体と比較して短時間でより多くの情報を与えることが可能なメディアです。
また、記憶定着率も高いため、長すぎる動画は情報過多となり逆効果となりますので、要点を絞った構成が重要となります。

動画の尺は3分程度が最適
動画の尺は3分程度が最適

目的を明確にする

動画は時系列で記憶が更新されるため、後半のコンテンツの方が視聴者の印象に残ります。
この特性を理解することが、訴求力の高いコンテンツ作成のポイントです。
視聴者の心象を考慮し、伝えたいテーマやメッセージに沿った順番で情報を提供すること。
そのためには、あらかじめ目的とコンセプトを明確にしておく必要があります。
企業紹介を例にすると、「理念を伝える」「事業概要を伝える」といった具合に、目的を絞って掘り下げることが重要です。

動画のコンテンツ設定は目的を明確に
動画のコンテンツ設定は目的を明確に

撮影は必須ではない

動画の特徴は絵が動くことだけでありません。ナレーションによる解説も大きなメリットのひとつです。
すでに存在している会社案内やカタログのコンテンツを流用し、動画として再構成することで、新たなプレゼンツールとして活用することが可能です。
これら紙媒体の静止画像やコンテンツを動画風に編集し、ナレーションをつけることで高評価になることもあります。
はじめの一歩として、現在あるコンテンツの再利用から始めるのもよいかもしれません。

静止画像の編集効果とナレーション挿入の効果
静止画像の編集効果とナレーション挿入の効果