パンフレット専科HOME > 作成のポイント > 会社案内作成のポイント > 会社案内の目的別作成方法

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

11月28日(木) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

03会社案内の目的別作成方法

03会社案内の目的別作成方法

会社案内・企業パンフレットを作成目的に最適化

ファクトだけでは企業の本質は語れない

会社案内の作成目的・役割として最も多いのは、顧客への信用性・信頼感を高めたい、法人営業に活かしたい、ステークホルダーへの広報ツールとして、直接集客に活かしたい(学校生徒募集・病院集患)、また昨今では社員採用にも活かせること、といったニーズも多くなりました。つまりどのニーズも信用・信頼の証にする企業の公式媒体、というのがその存在と言えます。
このように会社案内の活用により目指すもの、得たいものが異なるわけですし、ターゲットとなる企業やペルソナも様々、また市場で戦っている競合他社もいます。当然会社案内のコンセプトやコンテンツ設計、ブランディング設定やデザインも、絶対・相対で大きく異なってしかるべきです。
またさらに「これが唯一無二の我社だ!」といって明確なプレゼンスを示すことができるには、顕在情報、マスト情報のファクトだけで語ることはできません。無数に存在する企業群の中から、ユーザーやターゲット層にきちんと自社を識別してもらい、その存在を高らかに主張できるのは、恐らく他社と同じことをやっていても限界があります。
言い換えれば、企業の持つ社風や個性、他社より秀でた強み、差別性・優位性等に、顕在だけでなく潜在情報にまで掘り下げ、明確に可視化し、定義すること。これではじめて法人営業・採用・広報活動等の目的、またマルチタスクな要求に叶う合目的な会社案内のコンテンツやデザインが実現できると考えています。

[絶対価値の企業コンセプト]+[相対価値のブランディング]=[合目的な会社案内の基礎]

弊社の会社案内づくりの特徴は、企業のDNAを形作る「CI・企業理念・企業コンセプト」と、社会との関係性を示す「ブランディング」の二つの重要な要素を踏まえ、これらの顕在情報と共に潜在しているその企業の本質を浮き彫りにし、常にニュートラルで客観的な視座で、コンテンツ設計やデザインを制作することと言えます。
この「CI・企業理念・企業コンセプト」で企業としての理念や思想の”絶対価値”を語り、それに「ブランディング」の本質である差別的優位性や、見せたい人々に好感という無形の資産価値を形成させる、いわゆる”相対価値”。これらの融合から、はじめて合目的な会社案内が産まれる方程式だと考えています。あとはそこで定義された要件を、コピー・文章表現、デザイン表現、また用紙選定やサイズ・加工にまで精査を加え、合目的な会社案内として結実させることとなります。

ブランディングの広報媒体として

多目的な会社案内でも基盤は企業コンセプトとブランディング

特に何かの目的に適合させるというよりは、様々な目的にオールマイティに使いたい、というオーダーは会社案内・企業パンフレットの場合比較的多いと言えます。製品パンフレットやカタログの場合は明らかに目的や用途を絞り込み、それに最適化することを求められることが多いですが、会社案内・企業パンフレットの場合は、営業時の新規取引の基本ツールとして、採用の際の入社案内ツールとして、また株主への広報ツールとして、多様性をもった企業広報ツールとして多目的性が要求されます。
特に上場企業や未上場の大企業の場合がそのケースにあたり、特定の目的利用というより多目的利用というのが多いようです。
それだけに企業ブランディングとしてのコアコンピタンスを、ステークホルダーに対し明確に伝えることができ、企業価値を高めるエレメントの一つ、というポジショニングが重要です。ただブランド刷新の機会で無い限り、そのコンセプトや表現方法はほぼ規定通りとされ、その方針に沿った会社案内のコンテンツやデザイン性が求められます。
中小企業にとっても、業容規模が大きく、独自の製品や技術で安定した業績を達成している企業では、多目的な広報ツールの会社案内を求められることも少なくありません。
余談ですが、その中でも例えばベンチャー的で成長性の高い中小企業、或いはグローバル展開で将来性有望な中堅企業等では、ブランドイメージをダイナミックに転換することや、小回り良く刷新することをいとわず、ステークホルダーの関心を惹きつけておくという狙いからも、リブランディングを実行し、広報・法人営業・採用と多目的に会社案内を活用する、言わばスピーディーに自在に変化する新世代企業の会社案内の作り方かもしれません。

東亜道路工業株式会社 様 【会社案内】

会社案内デザイン
東亜道路工業株式会社 様/「読む」会社案内から、「魅せる」会社案内へ。

東証一部上場、道路舗装業界のパイオニアであり、施工技術と化学の融合によって独自のポジションを築いてきた。この優位性高いブランド力にふさわしいスケール感や蓄積された技術力で、《魅せるデザインの会社案内》を提言。都市空間を俯瞰・地上・地中、さらに寄り引きでより客観的に、よりリアルに、ダイナミックスケールで企業の視点を創出することが、社会の公器であることを証明させる。まさに企業コンセプトとブランディングの融合により、魅せる会社案内を実現した。
全24ページ・A4横遣い・ポケット加工<企業概要/別途8ページ>

会社案内・企業パンフレットデザイン

株式会社ヤマハミュージックジャパン 様 【会社案内】

会社案内・企業パンフレットデザイン
株式会社ヤマハミュージックジャパン 様 会社案内

国内における音楽の振興、楽器・音響機器の普及教育に貢献してきた企業の会社案内。特に知名度が高い「ヤマハ音楽教室」はその際たる事業。グループ全体のテーマである"SHARING PASSION & PERFORMANCE(感動を・ともに・創る)"を軸に、同社のポジショニングを明確にする広報媒体として制作。
音楽普及による社会とのコミュニケーション、感動の創造を、音楽家のタクトが奏でる旋律を軌跡に表し、会社案内全ページで奏で、その感動の輪を広げていく...
そのリーディングカンパニーとしての誇りをブランディングデザインで表現。
A4/12ページ構成

会社案内・企業パンフレットデザイン
会社案内の中面デザイン

法人営業としての目的

会社案内の目的化に法人営業向け、営業ツールとして、というリクエストは比較的多いと言えます。
とは言え、パンフレットやカタログのように製品やサービスの詳細情報に言及し、商談の支援ツールとして、常にセールスパーソン必携の書、というほどまでの専門性や多岐にわたる情報群までのものは、要求されないのが一般的です。専門書たるパンフレット・カタログに合わせ、さらに個別対応やカスタマイズする提案や情報はPPTにて、その中にあって会社案内の役割は、情報の裏付け、信頼性の醸成だと言えます。例えば製造業の自社製品の商談に際し、製品の詳細はパンフレットやカスタムPPTだが、その生産拠点・設備に関しては会社案内の事業内容・拠点情報で行う、言わば生産体制の裏付けとして活かす。また商談クロージング段階で社内稟申になった際、最終決済者の関心事は、どんな会社なのか?といった情緒的与信のような信頼性と言えます。実はこのことは企業ブランディングそのものであり、決済権者にここであれば信頼できそうだ、という期待感や好感を抱かせる、この役割の一端を会社案内に担わせることと言えます。新規取引でも上場企業や知名度ある企業であればまだしも、知名度の無いはじめての取引となれば、実はユーザーは大変慎重になります。
またそれに関連して、経営者同士でトップセールスを行う際、また営業対象が経営層の場合の会社案内は、ブランディングを全面に反映した構成でも効果的と言えます。

日本空港テクノ株式会社 様 【会社案内】

会社案内デザイン
日本空港テクノ株式会社 様 会社案内

羽田空港のビルメンテナンスという確かな実績と、「施設・設備管理、環境衛生管理、環境清掃業務・衛生管理、警備業、建築・設備工事」まで対応業務の幅広さ・クオリティの高さを誇る企業です。
羽田空港の管理業務と言えば、ほぼ街一つぐらいの規模や多様な要件への対応力を求められる、この輝かしい実績とノウハウをもって、空港以外の施設や企業への展開を図りたい、その際に基盤ツールとしての法人営業会社案内を作成する、といったオーダー。
空港利用者の快適性・利便性・安心感を、空港施設を利用している人々と、それを裏で支える社員の高い意識を重ね合わせてデザイン表現。
空港の安全・安心を長年確かな技術で支えてきた矜持を、企業ブランディングの基本理念として、法人営業向け会社案内としての最適化を図った。
A4/8ページ構成

会社案内デザイン

トヨテック株式会社 様 【会社案内】

会社案内デザイン
株式会社トヨテック 様 会社案内

都内トヨタ直営販売店、並びに車両物流会社の ICTシステムソリューションを担うシステムエンジニアリング・カンパニーの会社案内。 トヨタ自動車の情報戦略ソリューションパートナーを担ってきたという実績は、信頼感の証だが、その実力をもってさらに車両物流業界への市場拡張を目指す。
その新規の法人営業を下支えする会社案内のミッションは、いかにセールスパーソンの使い勝手を高めるか。要件定義にはエグゼクティブのセールスパーソンにもご参加いただき、徹底的に商談シーンを洗っていった。
トヨタブランドの信頼と同社の確かなソリューションが、一体的にブレンドされ、極めて機能性の高い会社案内に仕上がった。
A4/8ページ構成

会社案内デザイン

新卒採用の目的

採用会社案内と採用パンフレット

採用目的の会社案内は採用会社案内といい、採用パンフレットとはその性質上異なるものです。ではそれらがどう異なるか?と言っても明確な定義が存在するわけではありませんが、採用パンフレットがその情報構成をほとんど採用情報に特化したものというのに対し、採用会社案内が、一般の会社案内のように企業情報を網羅させるのと同時に、組織や部門紹介に社員もフォーカスするコンテンツ・社内活動なども掲載し、会社案内&採用案内のハイブリッド版としての存在です。この場合、広報ツールとしては社員の顔も見えて効果的ですが、営業的にはどうか、という側面もあるのは確かでしょう。ただこの点をしっかり考慮して、コンテンツの交通整理を行えば、多目的会社案内は十分可能ですし、企業にとっては一体化させることでのコストメリットも享受できるはずです。
しかしながら、これら会社案内と採用パンフレットを分けることの方が、それぞれを明確に合目的的に区分することができ、逆にそれぞれが相乗しあってシナジーにつながることは紛れもない事実です。

採用ブランディングのススメ

それらいずれにおいても、企業ブランディングの中に宿る「採用ブランディング」の存在は欠くことができないと考えています。ここでご理解しておいていただきたいのは、採用のブランディングが一人歩きしないことです。当然ですがそこでその両者に異なる思想信条があっては本末転倒です。新卒学生や中途採用キャリア組にリーチする志は、一貫したブランドイメージと完全一致の主義主張やトーンアンドマナーでしょう。それら学生にも見えやすい箇所で、齟齬があってはそこにブランドイメージ形成はできません。
これら両者を一体化させた採用会社案内においては、これらのメリット・デメリットを考慮して会社案内を作成することが肝要です。

生活協同組合パルシステム東京 様 【会社案内】

会社案内
生活協同組合パルシステム東京 様 会社案内

ビジネス、採用で活かす組合案内、つまりハイブリッド会社案内と言える。
組合員の家庭に安全・安心のこだわり商品を届ける、この企業理念の下、生協組合員と生産者・製造者を結ぶ接点、いわゆるこのコンタクトポイントを、食という機会を通じて創造するコーポレートブランディングを定義。
さらに取引拡大の新規営業目的、新卒社員採用ツールとして活かす多目的性を目指した。
特に新卒採用者への企業理解・業務内容理解を促し、知名度の高さからくる内定後・入社後のミスマッチを低減化させることを狙いも込めた。ユニークな表紙形状は宅配をイメージした段ボールをモチーフに、そのホルダーを開くと、安全で安心なおいしい食材が表れる(右上画像)斬新なデザイン構成。
A4/8ページ構成

会社案内・企業パンフレットデザイン

会社案内と採用パンフレットの一体的ブランディング

前述した会社案内と採用パンフレットを一体的に作成した実績です。
会社案内は総務部・広報部、採用パンフレットは人事部となれば、同一企業内でも大きくそのコンセプトやトーンアンドマナーに違いが生じることは珍しくありません。さらにそれぞれ異なる業者に発注すると...恐らく推して知るべしの結果になりそうです。
以下の事例は表紙だけの掲載ですが、「インフィニティマーク」をキービジュアルに統一した、コンセプトとブランディングで、一体的に制作したケースです。会社案内も採用パンフレットも、そのインフィニティスピリットが、ページをめくる毎に成長しながら進化していくコンテンツスキームになっています。

会社案内デザイン
会社案内の表紙デザイン<全20ページ構成>
採用パンフレットデザイン
採用パンフレットの表紙デザイン<全16ページ構成>