パンフレット専科HOME > 作成のポイント > > ロゴ・ブランディングの関連制作物

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

02ロゴ・ブランディングの関連制作物

02ロゴ・ブランディングの関連制作物

ロゴデザイン刷新は自社を見直すチャンス

詳細は前項に譲ります。ここでは実績の一例のみ掲載します。

企業ロゴデザイン
株式会社ブルーイノベーション 様/企業ロゴデザイン
企業ロゴデザイン
株式会社ジェクトワン 様/企業ロゴデザイン
企業ロゴデザイン
カムアクロスレント株式会社 様/企業ロゴデザイン

ロゴタイプ(社名書体・製品書体)

企業名・社名の書体、並びに製品・サービスの書体です。パンフレット専科ではタイプフェイス設計により全くオリジナルの社名書体制作を基本サービスとしていますが、既存フォント(在りものの書体)をアレンジして独自フォントにすることも、あまり積極的ではありませんが、オリジナル書体としてご提供しています。
しかしながら、市場で認知されている、一定の事業規模がある、BtoC取引が主、採用に力を入れている、等の企業では、少なくとも在りもの書体でいる、ということだけは避けたいものです。

ロゴタイプ
ロゴタイプ
ロゴタイプ

コミュニケーションマーク

企業のオフィシャルなロゴデザインは不動のポジションに存在しますが、その企業のロゴデザインとは別に、企業がよりエンドユーザと近いポジションでコミュニケーションを図っていくためのシンボルマークです。例えば「プライバシーマーク(Pマーク)」はよくご存知と思いますが、これは財団法人日本情報処理開発協会という公益団体が主催で運営している制度です。この団体の名称やロゴマークはあまり馴染みはありませんが、Pマークは今や知らない人はいないほど、私たちの身近な位置で接点となっています。

コミュニケーションマーク
株式会社ブルーイノベーション 様/ブランドロゴデザイン
コミュニケーションマーク
株式会社GNS 様/ブランドロゴデザイン
コミュニケーションマーク
三井化学東セロ株式会社様/イクロス事業部ブランドロゴデザイン

キービジュアル

企業のロゴデザインやコミュニケーションマークが前提に存在しますが、それをさらに発展させたり、アレンジを加えたり、また一方でビジネスモデルを図案化させたりで、表に露出してそれ自体が強い主張やメッセージを発しませんが、様々な制作物や媒体にビジュアル基盤としてブランドイメージづくりの基礎をなすものと位置付けています。

キービジュアル
オムロン直方株式会社 様

キービジュアル「クロスサークル」(上画像)、そのキービジュアルを反映した会社パンフレットやカタログ、パンフレット類。

タグライン・コミュニケーションワード

コンセプトイメージ要素のブランディングです。言葉やメッセージでターゲットユーザにコンタクトポイントを持ち、或いは直接的に共感を求め、その企業や製品イメージづくりに直結させる効果を狙います。開発のポイントは「企業のイメージに合っている」、「覚えやすい」、「センスがよい」、「語感がよい」、「企業の姿勢が伝わる」、「好感が持てる」、「分かりやすい」などが重要な位置を占めます。

タグライン・コミュニケーションワード
オムロン直方株式会社 様/「Link with Sense」

プロダクトネーミング

製品・サービスに馴染みやすい、語感が良い、憶えやすい、などの狙いをもってペットネームとして開発します。その製品の開発コンセプト・背景、ターゲットユーザ層、価格帯、業界マーケット・シェア・競合ブランド、将来ビジョン等、かなりディープな領域までリテラシーを高めなければなりません。 それらの与件、基礎情報をベースに、一方で「覚えやすい」、「語呂がよい」、「リズムがある」、「スピリッツを感じる」などの情緒的要素、さらには字画、総画数、日本語読み、英語読みなど風水的要素や言語までも含め考察を加えます。

プロダクトネーミング
クレコンリサーチコンサルティング株式会社 様

顧客向け機関誌パンフレット。年1回発行で、毎年継続されている。

プロダクトネーミング
神奈川県立こども医療センター 様

ネーミング、キャラクターが配置されたパンフレット。同様に専用Webサイトでも採用されている。

プロダクトネーミング
株式会社みどり共生 様

健康食品「RANSOL」のネーミング開発とブランドロゴ、容器パッケージデザイン

イメージキャラクター

シンボルやキャッチフレーズだけで伝えきれないカジュアル性、エンターテイメント性を強く発揮するのに、イメージキャラクターやマスコットの存在があります。
また似顔絵や様々なタッチのイラストレーションまで、企業や製品・サービスのブランディングの一環として提案してまいります。

イメージキャラクター
井上株式会社 様/「伝説の電設マン」

主に採用関連ツールで登場する。同社様の採用サイト、合同説明会場のポスター、スタンドパネル、タペストリーで使用される。ポーズのバリエーションは多数。

イメージキャラクター
「伝説の電設マン」の「iアカデミー」版

同社様の新卒入社後の教育制度「iアカデミー」版。コスチュームを赤に変え、ガイドブックや専用Webサイトに登場する。