パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > ブランディング > CI・ロゴ・ブランディング|企業ブランド一新

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

自社の本当の良さや特長に意外と気づいていないことがある?「図らずも自社の良さに気づかされた」、
実はお客様からCIブランディング刷新や、ロゴ制作後によく耳にすることばです。

01CIやロゴデザイン刷新は自社を見直すチャンス

第三者だから客観的な分析ができる

ロゴデザインをリニューアル・刷新したい、初めてつくる…、いずれの場合にも、制作終了後に、共通した言葉をよく耳にします。
「自社の良さや強みを当然ながらよく知っていたつもりだったが、今回CIの刷新やロゴデザインをリニューアルしたことで、自社の新たな側面を客観的に観測することができ、自社に思わぬ良さがあったことがわかった。改めて自社を足元から見直す機会になった。このようなことは想定もしてはいなかった。」
少々意外ですが、このようなコメントを耳にすることがあります。
それだけに、これからCI改変、ロゴデザインを刷新される、新規で作られる企業様は、ぜひこの気付きの体験をしていただきたいものです。
実は弊社のカウンセリングスタイルのヒアリングが、このような効果をもたらすことがある、と分析しています。

新たなビジネスチャンス

当然CIの改変やロゴデザインは頻繁に替えるものではなく、企業の化身であり、シンボライズされたものですから、頻繁に刷新をするわけにはまいりません。しかしながら、事業パラダイムの転換点、世代交代などステークホルダーを中心とした、社会との関わりに変化を来す出来事が発生した場合、明確に、声高にアナウンスをする必要があります。これは後述しますが、お得意様や取引業者等関係者への告知、プレスリリース、各種広報メディア・広告媒体を経て、よりその効果を高めることができますが、一点言えることは、ビジネスの機会創出になる可能性を秘めていることです。
御社の事業に興味を持った第三者の企業が出てきたり、アライアンスを求める新規企業のオファーがあったり、事業内容によっては国内外問わず、その反響の可能性を持っているといえます。
つまり、この機会をビジネスチャンスと捉え、活かさない手は無いということです。

02新ビジョンを包括ブランディング

CI刷新やロゴデザイン刷新だけでは、ブランディングの確立という側面からすると、まだ不足です。ここで練り上げた理念や魂を、広報媒体や広告媒体、Webに反映して初めて、そのロゴデザインに温かい血が通ったものになると考えています。特にCI・ロゴデザインとの親和性が高い会社案内、コーポレートサイト、採用パンフレット、会社エントランスデザイン、社旗・社章、名刺・封筒など、これらを含む包括ブランディングの必要性を提唱しています。

03不特定・大衆への広報手段

以上のように、CIやロゴデザインの刷新が、事業やビジネスシーンで少なからず影響力を持つことが、おわかりいただけたと思いますが、その公開や事実を社会に向け、能動的に発信しないと、効果は限定的と申し上げました。
CI・ロゴデザインが刷新されて、社内の広報・広告媒体にそれが反映されただけでは、静的・受動的な域は超えず、刷新の効果は限定的です。
関係者のみの広報・告知だけでなく、より幅広い第三者、不特定の大衆を対象としたマス広告等を投入することで、より広範囲に社会、マーケットのすみずみにアナウンス、告知することを可能とし、新たなビジネスチャンスを取り込む機会が広がることとなります。

04【実践導入事例】株式会社グローバー 様

相談内容・リクエスト

  1. すでに「レッド&ブラック」のカラーリングで、ユニフォームの整備を終え、様々な広報媒体などで、企業イメージの統一化が急務である。まずは会社のロゴデザインからスタートさせたい。
  2. 中長期的展望で、現在のリサイクル事業からさらなる事業の多角化、「社会貢献性と経済性のバランスのとれた企業」を目指しており、単なるグリストラップ清掃業者という概念は持ちたくない。このようなビジョンを反映させてほしい。
  3. CI派生のコンセプトワードとして掲げている、「Idea & Passion」の理念をうまく絡めた表現にしたい。
  4. 現状、制服にも業界では珍しい「レッド&ブラック」(パッションレッド)を導入するなど、情熱、若さをアピールする取組をしている。これをロゴデザインにもうまく取り入れ、企業イメージに昇華させたい。
  5. CIに加えロゴデザインでVIが確定したら、その企業コンセプトやスピリットを具現化させ、落とし込んだ会社案内をつくりたい。

弊社の提案

ロゴデザイン作成

  1. 情熱、若さをアピール、ユニフォームとの連動、ブランドづくりという点から鑑みて、コンセプトカラーは「パッションレッド」とし、外せない軸とした。
  2. 企業名のイニシャル「G」をモチーフにし、企画コンセプトにフィットさせ、図案化することとした。
  3. その結果、次世代に向け、躍動感を持って上昇基調を保ち、新しい事業展開を連続させていく様を、ブーメラン状の曲線で描き、力強さを表現した。
制作された新企業ロゴデザイン
制作された新企業ロゴデザイン
VIロゴマニュアル一式
VIロゴマニュアル一式

VIロゴマニュアルは冊子にして、その使用基準、レギュレーションの詳細が記載されており、そのデータをDVDにデジタル化して同社様に引き渡している。

会社案内作成

企業の全てを具体的に描く媒体であり、この度ロゴマークの刷新が行われた経緯もあり、会社案内にはロゴのイメージをふんだんに使用することとした。パッションレッドの面積を大きくとり、情熱を企業イメージへと昇華させるインパクトを持たせました。
コンセプトとしては、事業の一番の強みである「Network」を活かし、これを「idea & Passion」+「Network」として定義、揺るぎない理念と確かな事業でお客様を支えられる企業である事を訴えることとした。

会社案内表紙デザイン作成
新ロゴが大きくフィーチャーされ、CIを具現化した会社案内表紙デザイン
会社案内の見開きデザイン
会社案内の見開きデザイン

封筒・名刺デザイン作成

封筒・名刺デザイン
封筒・名刺デザイン
株式会社グローバー様 企業情報
  • 所在地 本社/埼玉県三郷市
  • 東京支店/東京都荒川区東日暮里
  • 事業内容/グリストラップ清掃・修理・工事・販売、受水槽、雑排水槽などの槽清掃、排水管清掃業務
  • WEBサイト オフィシャル/http://www.globar.co.jp/