パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > 販促に使う > 【新製品デビュー戦略】ロゴ/パンフ/Webでチャネル拡大

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

自信の新製品を開発したが、まだ製品名がない、販売チャネルも無い…。
製品のネーミングやロゴから、製品パッケージ、パンフレット、Webまで、新製品の販売戦略を一括支援!

01株式会社みどり共生様 / 健康補助食品の開発・販売

企業概要とプロジェクト背景

岡山県に所在する同社様は、農業資材の開発・販売、とりわけ土壌改良材の製造を主力製品として事業を展開してきた。そこで培った独自のノウハウを活かして、「藍藻」(藻の一種)を原料としたサプリメントを開発。社内に新しくサプリメント製造販売の事業部を立上げ、健康食品業界に本格進出、この新製品を商用化する各種媒体・ツールの包括的プロデュースのご依頼を承った。

02ご相談内容

  1. 初めて進出する業界の事業。広告や販売手段含め、全般にわたって相談にのってもらいたい。
  2. 社内開発における治験や、たび重なる試食、テスト販売を経て、製品には絶大な自信がある。まずはこの製品の良さを一人でも多くの人に知ってもらいたい。
  3. 市場では万能栄養食として静かな藍藻ブームが起こっているが、牽引する競合大手の製品はその品質に疑問(あくまでも推測)がある。同社様の品質へのこだわりは極めて強く、その価値を共有できるユーザーに、「本物の健康」を提供したいという信念を持っている。
  4. 販売を一気に伸ばすことは、現状では考えていない。また生産体制も大量供給を想定していないため、まずは上質の顧客にリーチし、徐々にそのユーザーを増やしていくビジョンを持っている。
  5. この機会に、会社のロゴマークもきちんと整備し、製品力に応じた企業イメージを打ち出せるようにしたい。

03パンフレット専科の提案

ヒアリングからの現状分析と要件

  1. サプリメント事業の理念は、「藍藻を通じて、人々に本物の健康を提供し、確かな未来へと導く」であり、中高年女性がメインのターゲット。
  2. 製品自体の開発コンセプトから、成分、その特長・有用性等、製品情報・知識を詳細に習得した。
藍藻や開発した新製品の製品情報
  • 光合成を始めた地球最初の生物で、いわゆる藻の一種。藍藻と太陽の存在からガス交換が行われ、酸素が生成された。
  • その結果、太古より様々な生物の誕生につながっていき、万物生命の産みの親とも言われている。
  • 万能栄養食として近年注目され、NASAでも宇宙食として採用されている。
  • 藍藻原末を100%使用。糖衣、化学的な成分は一切含んでいない自然食品。
  • 培養水には「生命の水」とも言われる「生体水」を使用、また乾燥剤にはシリカゲルを使用せず、コスモビサという非化学物質を使用するこだわり。
  1. 以上からして、原材料の他社品との大きな違いやこだわりから、瓶入りで1瓶600粒入りとは言え、他社品比較でも単価は高く、高級品としての存在感を打ち出したい。
  2. 健康食品業界は、ともすればグレーな広告手法や派手な表現方法で、一般消費者の錯誤を招きやすい状況が見られる。正攻法を用いた正当派で、コンプライアンスに抵触しない戦略建てを強く希望。
  3. 機能や特長を強調しすぎるあまり、派手さやゴテゴテとした外観になりがちなサプリメント業界において、それらとは一線を画するものとされたい。
  4. 製品名が無く、製品ネーミングも提案することとした。
  5. Webサイトを利用し、販売する窓口としたい。また資料請求やセミナー開催なども積極的に行っていく。

媒体戦略とデザイン・コンテンツの組立て

以上のヒアリングから、企業VI計画を頂点に、製品ブランディングを核とし、SP・パッケージデザイン、パンフレット、企業Web・ECサイト等をもって、新製品のデビュー支援として、総合的な販売促進・広告戦略を提案することとした。

企業ブランディング

長年一途に、地道に重ねてきた努力の集大成が、同製品のルーツ。その同社様の事業の社会的存在価値や貢献性を、CIと企業ブランディングとして象徴的にロゴマークに集約させた。

企業ロゴマークデザイン
企業ロゴマークデザイン

製品ブランディング・製品ネーミング

製品の開発コンセプト・強み、業界マーケット・競合他社を俯瞰して、製品ブランディングを確立。その枠組みから製品ネーミングを立案。「藍藻」と「ソル(スペイン語で太陽の意味)」を組みあわせた造語の「RANSOL」を提案。製品の本質を表しつつ、憶えやすく高級感を感じるネーミングとして採用いただいた。

製品ネーミング
製品ネーミング

パッケージ・包材瓶デザイン

製品の開発コンセプト・強み、業界マーケット・競合他社を俯瞰して、製品ブランディングを確立。その枠組みから製品ネーミングを立案。「藍藻」と「ソル(スペイン語で太陽の意味)」を組みあわせた造語の「RANSOL」を提案。製品の本質を表しつつ、憶えやすく高級感を感じるネーミングとして採用いただいた。

製品パッケージデザイン
製品パッケージデザイン

製品パンフレット

企業や製品周りのブランディングをベースに、製品紹介のパンフレットを作成。製品同梱用、セミナー配布、資料請求用とすること、配布ユーザーが中高年女性であることから、ハンディタイプのコンパクトサイズとした。
コンテンツは一途な品質へのこだわりを、具体的な施策を裏付けとして噛み砕いて訴求する内容としている。

製品パンフレット表紙デザイン
製品パンフレット表紙デザイン
製品パンフレットデザイン
製品パンフレットデザイン
製品パンフレットデザイン
製品パンフレットデザイン
製品パンフレットデザイン
製品パンフレットデザイン

Webサイト

【オフィシャル+ECサイト】

ブランディングで定義された思想や理念のコンテンツやデザインをベースに、ホームページのコンテンツ設計を行った。会社情報を中心に、「RANSOL」を唯一ダイレクトに販売する、変則的ではあるが、オフィシャルとECを兼ねた機能を持たせ、製品情報サイトやブログへのハブ的・ポータル的機能を有するサイト設計とした。

【製品情報特設サイト】

特設サイトとして、基本的にパンフレットのコンテンツ同様、過剰な表現方法を避け、品質へのこだわりや、安心感と信頼感の裏付けを丁寧に説明した。ECページに訪れたユーザーへの、EC運営会社としての信頼性と存在感を与えるという、サイトプレステージにも配慮したサイトづくりを行った。

【ブログ】

学者も交えたセミナーの開催模様、クチコミサイトの掲載実績、芸能関係者の使用実績など、ブログによりトピックや関連する各種情報を発信することとした。

企業Webサイトデザイン
企業Webサイトデザイン
製品EC-Webサイトデザイン
製品EC-Webサイトデザイン

04効果の検証

  1. 製品サイトを設置したため、これまでは近郊の岡山県の一部でしか知られていなかった製品の認知度は一気に拡大、問合せ、売上ともに順調に推移している。
  2. Webサイトでの認知度向上は、クチコミサイトでも取り上げられる広がりを見せている。
  3. 初進出のサプリ事業であったが、RANSOL販売の順調な手応えを糧に、新たな製品開発にも次々と着手。さらなる広がりをみせつつある。

プロジェクトの総括
  1. 製品コンセプトに沿い、製品ブランディングを核にした総合的販売促進・広告戦略によって、新製品デビューを順調に迎えることができた。
  2. 投入後は上質なユーザーへ着実にリーチできており、今後拡販を進めていく上で、販売チャネルとして明確な道筋ができた。
  3. 過剰で派手な打出しや表現を避け、秩序ある正攻法により、ユーザーの信頼感や安心感が醸成されており、製品の上質さとも相まって、むしろ差別的優位性を発揮できている。

株式会社みどり共生様 企業情報
  • 所在地:岡山県真庭市目木1999
  • 事業内容:農業資材の開発・販売、健康補助食品の開発・販売
  • 設立:1996年
  • 資本金:1,500万円
  • 資格認定:
    食品GMP認定(2002年取得)、ISO9001取得、ISO22000取得、HACCP認定(2010年取得)
  • Webサイト:
    オフィシャルサイト:http://www.midorikyosei.com/
    ECサイト:http://www.midorikyosei.com/ransol/

  • アイム企業広告・広報戦略セミナー in 赤坂 総務・広報・経営企画ご担当者必見!

    失敗しない、初めての会社案内づくり
    【会社案内パンフレット】

    【少数限定 実践・実例解説セミナー】東京赤坂

    開催日:1月29日(水) 15:30
    詳しくはこちら