パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > 営業活動に使う > 【PPTと会社案内・パンフレット】 共通デザインが商談に効果

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

11月28日(木) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

営業パーソンの必携ツールとして今や欠くことにできないパワーポイント。
プレゼン・採用・展示会でオリジナルPPTが、会社案内や製品カタログ・パンフレットと共に主役の座に。

01パワーポイントと公式な会社案内との使い分け

会社案内・パンフレットとPPTの違い

PPTはもはやビジネスシーンやプレゼンシーンの欠くことのできないツールであることは、周知の事実と言えます。
しかしながら、PPTによる企業情報やビジネスの紹介で、自社でオフィシャルで作成した会社案内やパンフレットを一切使用しないケースがあります。その理由は以下の通りです。

  • PPTで自分の伝えたいことを自在に作ることがいい
  • そもそも会社案内やパンフレットが無い
  • 会社案内やパンフレットがあっても古くて使える代物ではない

その他色々な事情があるとは思いますが、それにしてもあまりポジティブな理由は無いようです。
確かに、弊社にお越しいただく商談目的の営業マンにおいて、公式な会社案内・パンフレット無しのPPTだけで自社紹介・事業説明をする方がいるのも事実です。そういう意味ではPPTの存在は、営業マンにとって非常に有用性高い、使い勝手のいいツールであると言えます。
しかしながら、特に新規のコンタクトを受ける場合、受け手の私どもが感じてしまうのは、いくら規模の大きな会社だったり、有益な情報を発信する営業マンでも、「何かが足らない」、「本当にこの会社信頼おけるのか?」といった側面が一方にあるのも、残念ながら事実でしょう。
取引関係が良好で満足いく製品やサービスの提供を受けており、信頼性が担保されていればまだしも、新規交渉相手への受け手の心理というものは、「大丈夫かな?この会社...」という気持ちが潜在するのかもしれません。
このようなことからも、弊社ではPPTと共に、公式な会社案内・パンフレット・カタログとPPTをきちんと棲み分けして活用することが適していると考えます。

PPTをどのように活かすか

やはりPPTはオフィシャルな媒体に並行して、カスタマーの要求に自在に、個別ファイルを作成できる良さがあります。顧客企業の固有の情報、既製品や規格内容では解決できないソリューションを、カスタマイズしてあたかもオフィシャルドキュメントとしての体裁を提供できること。これはワントゥーワンマーケティングとしてはとても価値あることと言えます。
そこを踏まえ、ベーシックな媒体でオフィシャルな会社案内・製品カタログの価値が高まり、PPTとの相乗と棲み分けをする価値が高まるものと言えます。

オリジナルであることの価値

PPTと会社案内やカタログとの役割の棲み分けがきちんとできても、それが誰もが使う在りものの汎用テンプレートではどうでしょう。もちろんプレゼンの中身、コンテンツが最も重要であることは否定できないことですが、その価値ある情報を演出する、またブランドイメージを側面的に支えるデザイン性のオリジナルPPTであれば、プレゼン相手の潜在意識に心地よいユーザーエクスペリエンスを提供でき、好感度や信頼性の下支え的役割を果たすことが可能となります。
ロゴデザインを巧みにあしらったテンプレートデザインや、制作した会社案内やパンフレットのキービジュアルを流用、トリミングしたデザインなど、オンリーワンのオリジナル性が強く発揮でき、ブランディング効果として大変意義深いツールと言えます。

会社案内パンフレットとPPT
株式会社メガ 様

制作した企業パンフレットとのデザイン統一PPTテンプレート。(上)企業パンフレット、(中)PPT表紙スライド、(下)PPT本文スライド。

会社案内パンフレットとPPT
株式会社押野電気製作所 様

制作した会社案内との色調・デザイン統一ブランディングのPPTテンプレート。(上)会社案内(中)PPT表紙スライド、(下)PPT本文スライド。

02採用・展示会・イベントで効果発揮

PPTや採用パンフレットは人事のプレゼンツール

企業主催の採用説明会や企業合同説明会で、人事採用担当者が企業情報・事業ビジョン紹介や募集要項の説明に、採用パンフレット・入社案内と共に重要なツールがPPTドキュメントと言えます。むしろ必須ツールでしょう。
人事採用担当者は部門イベントの一つに、新卒者採用がありますが、これはセールスパーソンのプレゼンの機会と全く同様のシーンであると弊社では捉えています。セールスの場合その取引額が数十万円のものから社運を懸けるくらい大規模な商談と同様、採用もこの売り手市場の環境下、企業の将来を背負って立つ人材をいかに採ることができるか。これも立派な社運をかけた活動でしょう。

展示会や様々なイベント

さらに様々な展示会場のブース内での説明用、講演会・セミナーの登壇者ツールとして、総務部門が主催の株主総会説明資料として、学会・研究会の発表ツールとして、さらには社内プレゼン用として、あらゆるビジネスシーン、イベントシーンで活躍します。
これらのイベントも、やはり前述の通り、全てオフィシャルなパンフレットや会社案内とPPTによる併用、またそのデザインがオリジナルであることに価値があることは言うまでもありません。

03会社案内パンフレットの一部になるPPT

昨今時々ご依頼をいただく仕様として、オフィシャルな会社案内・企業パンフレットをポケット加工しておき、そこに会社情報や沿革等をリーフレットで収納したい。ただしそのリーフレットはPPTのテンプレート化してほしい、というリクエスト。
もちろん固定情報をパンフレット本体に、変動情報をリーフレット化することで、中長期的にコストメリットを追求されていますが、同時にそのテンプレートを営業パーソンの独自資料、顧客個別資料として利用される目的です。
会社案内やパンフレットとのデザイン統一性でもってそれらの資料を本体に収納すれば、会社案内とPPTの区別がつかない一体感を打出せ、そのクオリティやブランドイメージを高める効果が得られます。PPTが会社案内にマージされてしまう、と言っても過言では無い、企業ブランディングの効果を実践する、価値ある工夫であると言えます。

04会社案内・パンフレットとPPTを併用した制作実績

株式会社大和ソフトウェアリサーチ 様/ITシステムコンサル・設計・保守管理業

導入の経緯

保険・共済・金融のシステムソリューションに強みを発揮し、半世紀にもわたりその技術やナレッジを蓄積し、顧客から絶大なる信頼を受けてきた企業の会社案内とPPTデザインの導入事例です。
当初の同社様のご要望は、会社案内をオフィシャルで作成したい、それにデザイン性を統一したPPTがほしい、という内容。
弊社にてそのPPTの用途を営業担当、システム担当の方々にヒアリングした結果、ベーシックで公式な会社案内に加え、実際に個別に機能するのは、顧客別に多様性を発揮できることが重要。とは言え、担当それぞれ個々の趣くままの個別資料では、企業としてのアイデンティティが無い。ここはいっそ情報はワントゥーワン的個別としても、その基準となるスタンダードなデザインシートのようなものがほしい、というリクエストから以下の提案をさせていただいた。

会社案内とPPT制作実績

さらに会社案内新規制作の窓口ご担当者のご要望として、会社・経営情報や組織・沿革は時事更新・変更されていく。そのため固定情報は会社案内本体に、変動情報はペラパンフレット(リーフレット)に仕分けして作成することを提案、そのペラパンフレット(リーフレット)をPPTにし、「会社情報」と「組織・沿革」は初期制作物として提供し、同時にそのペラパンフレットをテンプレートとして、個々で編集出来るようなPPTデータ形式で同社様に引渡すことを提案、オフィシャルに機能させながら、カスタマイズに対応できる、企業ブランディングのデザイン統一ということで、高い評価をいただくこととなった。

会社案内パンフレットの表紙デザイン
会社案内パンフレットデザイン
会社案内パンフレット本体とペラパンフレット(PPTデザイン)

ポケットホルダー8ページ会社案内とペラパンフレット

ポケットに収納されているペラパンフレット(リーフレット)2枚が会社情報と企業ヒストリー。この2枚2種類のデザインを同社様の自社内で更新できるよう、下画像の通りPPTテンプレートを別途作成しました。これは社内で営業パーソンが個々に使えるよう、PPTのデータ形式で納品・引渡しをしており、同社様では個別資料をこれらのテンプレートに標準化させ、対外的な資料は全てこのテンプレートで一本化させました。会社案内本体と一体化させたデザインで、企業のアイデンティティ、ブランディングのクオリティを高いレベルで保持させています。

個別資料用PPTテンプレートデザイン
個別資料用PPTテンプレートデザイン

オライオン・パートナーズ・ジャパン合同会社 様/投資顧問会社

導入の経緯

アジアの代表的なオルタナティブ投資顧問会社のポケットホルダータイプの会社案内です。事業の性質から顧客・ステークホルダーへの強い信頼感が求められ、その信頼感・安心感を会社案内という広報媒体でしっかり表せないか、とのリクエスト。さらにヒアリングを進めると、会社情報やパートナー情報の改定・変更が今後発生していくこと、また個別資料が多く発生し、営業パーソン個々の手作り感が否めない状況があり、それを何とか改善したい。
以上の要件を集約し、それを会社案内の仕様やコンテンツに落とし込み、以下の提言をまとめた。

  1. 会社情報やパートナー情報をペラパンフレットにして改廃をスピーディにでき、コストダウンにもつながる。
  2. そのペラパンフレットのデザインをそのままPPTテンプレートにすれば、営業パーソンの個別資料もデザイン・色調をオフィシャルのペラパンフレットと統一でき、企業としてのブランディング保持を行える。
  3. 従ってこれらのペラパンフレットや個別PPT資料をひとまとめに収納できる、本体となるポケットホルダーを作成する。

これらの弊社の提言を同社様に採用いただきました。

会社案内とPPT制作実績

同社様のロゴデザインのカラーコンセプトに基づき、全ての色調をオレンジとグレーの2トーンとし、会社案内本体ホルダーとペラパンフレット、PPTテンプレートの共通化をし、企業としてにおアイデンティティやブランドイメージを一体化させました。

会社案内パンフレットの表紙デザイン

会社案内の表紙デザイン(上画像)とペラパンフレット(下画像)

ここでは掲載は無いが、会社案内の表紙を開くと、企業メッセージや事業のコンセプトが記載されており、右サイドにはポケット加工がなされています。そのポケットに下画像のペラパンフレット(リーフレット)を収納します。ペラパンフレットは会社情報、パートナープロフィール、ポートフォリオがそれぞれ1枚ごと個別に構成しています。

ペラパンフレットデザイン
ペラパンフレットデザイン

会社案内の表紙デザイン(上画像)とペラパンフレット(下画像)

下画像がTTPテンプレートです。セールスパーソンの個別プレゼン資料や、添付資料作成に、また上画像で情報の更新があった場合も、自社内にてスピーディーに更新作成ができます。このように統一デザインで高い品質を保ちながら、一方でコストも抑えられる、メリットの多いクレバーな運用方法と言えます。
このことは企業ブランディングを高いレベルで維持でき、信頼性や好感醸成に大きく貢献します。

PPTテンプレートデザイン
PPTテンプレートの弊社の対応について

表題の作成に関して、弊社の対応についてご案内いたします。 この章のケーススタディでも紹介の通り、PPTテンプレートは、あくまでも会社案内やパンフレット・カタログを作成した上での付随のご依頼として作成しており、PPTテンプレート単独での制作は行っておりません。ご理解のほどお願いいたします。

  • アイム企業広告・広報戦略セミナー in 赤坂 総務・広報・経営企画ご担当者必見!

    失敗しない、初めての会社案内づくり
    【会社案内パンフレット】

    【少数限定 実践・実例解説セミナー】東京赤坂

    開催日:11月28日(木) 15:30
    詳しくはこちら