パンフレット専科HOME > ブランディング・CI > ブランディング事例-01 > 製品ブランディング事例 特集01 / 担当者座談会

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

10製品ブランディング事例 特集01 / 担当者座談会

Host creator

Host creator

「ブランディングブック」。
この一冊でキルシェさんのすべてを、
語りつくした。

【担当クリエーター座談会 参加者】

クリエイティブプロデューサー
築山 国央

WEB プロデューサー
水越 渉

アートディレクター・デザイナー
酒田 恵美

築山P
築山P
水越WP
水越WP

キルシェ・ブリューテ様の、ブランディングを核とする総合プロデュースに携わった弊社の3名のプロジェクトメンバーに、制作のエピソードを語ってもらった。

築山
やはり今回、キルシェ様のブランディングの枠組みをつくることが、当初思ったよりは、なかなか手ごわかったと思うんですが、
皆さんいかがでしょう?

酒田
そうなんですよ。存在自体が希少価値があり、独自の感性で、しかも個性的な商品ばかり、さらにターゲットもある特定のお受験というシーンで、これらそのものが、もう立派なブランディングといえると思いますが、逆にそれを単純にそのまま定義しても、ただ事実・現象を述べているだけで、つまんないものになりますよね。

水越
そうそう、だから単にブランドのマニュアル化や、ブランドブックで定義するのでは、その本質に迫ることは無理だったと思います。
というのも、代表の曽我様の思いの中に、自社内だけでなく、お客様であるお受験ママ、お子さん、旦那さん、ご家族の方々にも、そのメッセージを伝えたい、というご要望があったよね。

築山
それと、キルシェさんがちょっと他と違うのが、お受験を機会に親子の人生そのものを、素敵に、楽しく、またその価値観を、さらにその先の子供たちにも伝えていこうという、その場面場面でキルシェがさりげなく存在する。これも曽我様の強い思いですよね。

酒田
だったら曽我様のその想いやお考えを、マニュアルなどという、かしこまった定義にするより、親子の成長ストーリーにまとめたらどう?ということになりましたよね、築山プロデューサー。

築山
うん、酒田ADのアイデアの、お洒落な刺繍柄のベースデザインで、親子の人生を成長段階で描いていく。
店頭でママが気軽にハンドバックに入れてもらえ、自宅に持ち帰り、みんなで将来の幸福をイメージし、語り合う、これだ!と思ったよね。(笑)

酒田AD
酒田AD

水越
この「ブランディングブック」として出来上がって、ページを繰って見たんですが、結構心に響くものがあった、ジーンと来ましたね、我ながら。(笑)実はこれを見て私ウルウルきたんですよ...

築山
そう、僕も。子を持つ親として、何か共感できる想いがこみ上げてきたね。

酒田
そうなんですねぇ。

築山
ところでサクラの花びらの商品カタログづくりも苦労したね、酒田AD。

築山
それと、キルシェさんがちょっと他と違うのが、お受験を機会に親子の人生そのものを、素敵に、楽しく、またその価値観を、さらにその先の子供たちにも伝えていこうという、その場面場面でキルシェがさりげなく存在する。これも曽我様の強い思いですよね。

酒田
あのカタチで、何か工夫できないかと、ひらめいたのが、それを開いたら、サクラが開花した5 枚の花びらだったんです。それでいて5 枚のページをまとめ、且つ自在に開くことができ、満開のサクラになる、これを束ねるのが「ハトメ」でした。これも加工がとても大変でした。専門業者を探しに探し、やっとこれは!というハトメを仕入れることができ、それを印刷屋さんに一点一点手作業で仕上げてもらったんです。私も現場に行って、一緒にトントンたたいて作業しましたよ。(笑)

築山
ECサイトはどうでした?水越WEBプロデューサー。

座談会で振り返りを語らうメンバー
座談会で振り返りを語らうメンバー

水越
曽我様からは明確なお題はなかったのですが、自社で自前で作り上げているEC サイトはご立派です。玄人はだしとはこのことですねえ。

築山・酒田
そうそう、元々完成度は高かったですよね。

水越
でも曽我様の何気ない一言が、私に火をつけました。(笑)
実は商品ラインナップはとても多いのに、時々お客様から「もっとアイテムのバリエーションないんですか?もっと他に商品がないの?
といわれることがあるんですよ。」ということなんですねえ。
そこでそれをなんとか克服したい、といったところで、グローバルナビで直観的に商品一覧を表示させる方式を導入提案し、現在それでサイトを運営していただいています。

-後略-

以上ご苦労様でした。今後もキルシェ・ブリューテ様のよきパートナーとして、ブランディングを介し、様々な媒体づくりの支援をさせていただきます。

キルシェ・ブリューテ 様のTOPへ