パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > ブランディング > ブランディング・CIと会社案内・パンフレット

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

人事・採用責任者
必見!

2021卒に向けて

採用パンフ・
採用サイトづくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

7月26日(金) 詳しくはこちら
Web・広報担当者
必見!

成功する

Webリニューアル
の秘訣
【東京開催】

事例研究小セミナー

7月24日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

企業ブランディングの刷新や変更で、その関連性が最も高い媒体は会社案内・企業パンフレットです。
その会社案内とブランディングとの親和性や、CI・企業コンセプトをどう採り入れるか、深く考えてみます。

01CI企業コンセプトとブランディング

企業コンセプトとは?

CI(コーポレートアイデンティ)や企業コンセプトとブランディングは似て非なるもので、本質的に大きく異なります。
その違いを端的に言うと、CIや企業コンセプトは 絶対的な企業要因や属性で、ブランディングは相対的な要因での企業の評価基準である、と言えます。
そういう意味で別物であるということがわかると思います。
もう少し踏み込むと、企業コンセプトはその企業の持つ固有の属性で、創業者の理念、企業の生業や歴史、事業や製品の個性・特徴、更に企業の方向性を決定付ける事業ビジョンや事業展開など、一方的に発する企業メッセージと言え、どちらかと言えば社内志向的、インターナルなものとは言え、その企業の力強い根源的パワーは非常にネイティブな価値を発信するものです。

ブランディングとは?

企業コンセプトやCIに対し、ブランディングは企業や製品・サービスの「差別的優位性」と言う、数多ある他社とは明確な違いを主張し存在感を示すもので、社会やマーケットに向け外向きに、いわゆるステークホルダー・消費者・エンドユーザーが、自社並びに製品・サービスへ強い関心や興味を抱き、好感という情緒的感性が醸成され、何らかの商用的アクションへとつなげていく一連の取組みであり、相対的なレゾンデートルを社会に示していくものと言えます。

CI・企業コンセプトとブランディング
CI・企業コンセプトとブランディング

このようにこの両者は、内向きか外向きか全く異なる概念です。しかしながら両者はそれぞれが干渉し合い基本概念の中に組み込まれ、相乗されます。その意味からも、きちんと定義し、自社のプレゼンスやポジションニングを明確にします。

02会社案内とブランディングの親和性

企業のファクト情報だけではショート

会社案内や企業パンフレットほど企業コンセプトやブランディングとの関係性が強い媒体は他には無いと言えます。一方的な企業属性に言及することと、顧客ターゲットやステークホルダーに向けその差別性・優位性に言及すること、弊社ではこの両輪を基盤に会社案内制作に携わります。
しかしながら一方では、会社情報、代表挨拶、事業内容、沿革等企業の基本情報のみの、いわゆるファクト情報のみの会社案内・企業パンフレットが巷で溢れている現状はありますが、それはそれとして、少なくとも弊社では、ファクトの上に企業コンセプトとブランディングを明確に定義し、コンテンツやデザイン設計を行います。

用途や目的に応じて

その会社案内・企業パンフレットの配布先や目的・用途に応じて情報設計は異なります。配布先が顧客や見込み客(リード)、株主・官公庁・金融機関、また求職者・新卒者、学生・生徒募集の学校案内まで、その強弱の違いはあれど、CI・企業コンセプトとブランディングに言及することで、その会社案内・企業パンフレットを閲覧・利用するユーザーへの企業理解や企業ブランドを意識することで、会社案内・企業パンフレットのその価値や存在意義が決定づけられると言えます。

会社案内で掲載したい各要素

企業の基本情報

一般会社情報、代表挨拶、事業内容、資格・免許、製品紹介、工場・機械設備情報、拠点・ネットワーク情報、沿革、所在MAP、他

CI・企業コンセプト関連

経営理念、企業理念、創業背景・創業者紹介、企業風土、社是・社訓、創業周年、コーポレート・アイデンティティ、製品開発情報・開発コンセプト、ビジネスモデル、事業戦略(国内・海外)、事業ビジョン、成長戦略、BCP、QC、社会貢献・環境活動、クライアント情報、IR・株主向け情報、人材開発・雇用計画、他

企業ブランディング関連

業界マーケット情報、製品シェア・支持額、製品の独自性・強味、ビジネスモデルの差別性、顧客の声、ベンチマーク情報、コーポレートカラー、ロゴマーク、コミュニケーションマーク、企業メッセージ、周年・創業記念

03ブランディング刷新は会社案内刷新の機会

刷新は必ず会社案内・企業パンフレットのリニューアルに直結

以上のようにブランディングや企業コンセプトと会社案内・企業パンフレットの親和性は、とても高いことがおわかりいただけたと思います。
このことから、ブランディング刷新やCIの再構築の際には、ほぼ必ず会社案内・企業パンフレットのリニューアルが発生します。
前項03「会社案内で掲載したい各要素」で列挙した要素の中から、刷新された要素や、自社のプレゼンス、価値観を最もよく情報表現する要素をピックアップし、会社案内のコンテンツ設計を行います。
会社案内・企業パンフレットはこのように、CI・企業コンセプト、ブランディングの刷新で、一部乃至は大幅なリニューアルが求められると言えます。

リニューアルは会社案内だけではない

ロゴデザインやスローガン、コーポレートカラー等が刷新されれば、製品パンフレット・カタログ、Webサイトの媒体だけでなく、名刺・封筒、社旗・社章、会社エントランスデザイン・社屋看板サイン類デザイン、営業車マーキングに至るまでその作り替えが必要となることがあります。

04【刷新事例】ブランディングと会社案内

IPOを目指し、VI刷新と会社案内リニューアル

株式会社デジサーフ 様

将来IPO(株式上場)を目指すIT企業の企業パンフレットリニューアル作成事例です。
近年の事業拡大と多角展開に伴うIPO計画で会社案内リニューアルが喫緊の課題になりました。同社様の幅広いビジネスモデルと今後の成長性を、ピクトグラムでキービジュアル化し、それをデザインコンセプトに据えた表現をしています。
リニューアル前の企業パンフレットはご紹介できませんが、いわゆる基本情報中心のファクトで綴られた企業パンフレット。
ICT企業らしく今風な明るく、それでいてデジタルタッチのデザイン性をブランディングした、企業パンフレットに刷新しました。

企業パンフレットの表紙デザイン
企業パンフレットの表紙デザイン
ロゴデザインのVIマニュアル
ロゴデザインのVIマニュアル

企業パンフレット(前)・ポケットホルダー(後)とロゴデザイン・VIマニュアル

VI・ロゴデザインの刷新で企業パンフレットを全面リニューアル。オンリーワンなビジネスモデルを築き上げてきた同社様の、来るべきIPOに向け、今は序章の時期。明るくエネルギッシュに進化していくイメージが、表紙から一気に溢れ出しています。
下画像は中面コンテンツの一部です。VIや企業パンフレット表紙のDNAをそのまま継承しています。

企業パンフレットの中面デザイン
企業パンフレットの中面デザイン

事業承継で企業パンフレットを全面刷新

井上株式会社 様

先代社長から後継として事業承継した、地方の電気設備企業の会社案内リニューアル作成に伴う、ブランディング導入事例です。
若くてバイタリティに富んだ後継社長。これまで先代が築いてきた地域密着の有力企業でありながら、地元でも意外と知名度はあまり高くない。
この事業承継を機に経営戦略、企業ブランディング、採用戦略を大幅に転換し、媒体による企業ブランドイメージの転換を図り、リブランドを図りたいという構想。
「忍び」のキャラクターも創作して、これをうまく潤滑油的存在に仕立て、紙媒体・Web媒体のブランドイメージ統一のWebサイト構築を行いました。

会社案内表紙デザイン
会社案内表紙デザイン
会社案内の中面デザイン
会社案内の中面デザイン

会社案内表紙と扉の見開きイメージ、下画像は統一ブランディングのWebサイトTOPページ

表紙イメージの”i”は電気設備事業の同社様を表し、回路のスイッチングで”!”が灯り、見開きページではその灯りが、地元京都の様々な施設や設備インフラづくりに貢献している様をデザインしています。
下画像のWebサイトTOPにおいても、このコンセプトの限りない追求をし、媒体主導によるリブランドを実現しました。

企業オフィシャルWebサイトTOP
企業オフィシャルWebサイトTOP-1
企業オフィシャルWebサイトTOP
企業オフィシャルWebサイトTOP-2

マスコットキャラクター『伝説の電設マン』と採用合同企業説明会の会場ブースイメージ

表立って目につかないところで、情報伝達や地域振興に貢献する事業の特性を、「忍者」をモチーフにし、可愛らしいマスコットをブランドイメージ化させた。新卒採用の企業の「顔」として、就活生に愛されるキャラとして、その名を「伝説の電設マン」と命名した。
特に採用サイト上では、神出鬼没の忍者らしい登場が、遊び心があってなかなか楽しい。

コーポレートキャラクターデザイン
コーポレートキャラクターデザイン
企業合同説明会のブースデザイン
企業合同説明会のブースデザイン

ロゴマーク刷新で会社案内・コーポレートサイトリニューアル

株式会社ヒューネット 様

人材派遣会社のロゴデザイン刷新によるCIを基盤にしたリブランディングの導入事例です。このリブランディングにより、CI・ブランディングに直結する会社案内パンフレット、コーポレートサイトのリニューアルデザインの作成事例をご紹介します。
都心への地域展開、人材拡張政策など事業を拡大するにあたり、人材会社として経営理念の「学ぶ、働く、応える。」をコンセプトに、新ロゴデザインをステークホルダーに周知させ、印象深く企業のイメージを刷り込みたい、という同社様の考えを反映したロゴデザイン・企業パンフレット制作の刷新、さらにコーポレートサイトのリニューアルに展開しました。

ブランディング計画に基づく新ロゴデザイン
ブランディング計画に基づく新ロゴデザイン

同社イニシャルのHを題材に人材が蝶のように自在に飛び回り、飛躍するプレゼンスを擬人化比喩した、シンボリックなデザイン。

会社パンフレット表紙デザイン
会社パンフレット表紙デザイン
会社パンフレット表紙デザイン
会社パンフレット表紙デザイン

会社案内パンフレットの表紙デザインと、見開きの事業理念ページデザイン。新ロゴデザインを大きく起用、顧客、ステークホルダー、登録人材への認知度向上に大きく貢献している。
下画像は会社案内パンフレットのコンテンツリソース、デザイン性、また新ロゴデザインのコンセプトを余すところなく再現したコーポレートサイト。ここでもこれでもか、と言わんばかりの執拗なワンソースマルチユースのブランディングデザインだ。

コーポレートWebサイトTOPデザイン
コーポレートWebサイトTOPデザイン