パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > ブランディング > 世代交代・事業承継で会社案内リニューアル【事例】

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

経営者交代、事業承継は、企業の持続可能な成長に舵を切る大きなチャンス!ブランディング刷新から
会社案内、Webに至るまで、新事業ビジョンの包括プロデュースが次世代成長を支えます。

01世代交代の機会は新たなビジネスチャンス

経営者が変わる、先代から次代に事業継承される、この世代交代劇は企業にとって、とても大きなマイルストーンです。継承した新経営者、新経営陣は先代の理念や精神を受け継ぎながらも、次世代ビジョンや成長戦略には、やはり時代変化の予見や先見性が求められ、戦略の軌道修正や新たな事業展開も発生します。さらに個性や能力の違いとなると、新体制は明らかに先代とは異なります。これらの機会には、弊社としては、社内外・ステークホルダーに対し、明確なメッセージを発信することが重要と考えます。
このことが顧客や取引業者、エンドユーザーなどの認知度を向上させ、御社への関心度や興味を抱かせ、ひいては新たなビジネスの機会を創出することとなります。
むしろこの機会をビジネスに活かさない手は無いですね。

02新ビジョンを包括ブランディング

この新体制としてのプレゼンスを主張し、メッセージを発信する手段として、最も効果的なのが、ブランディング、ロゴデザイン、社名タイプなどのVIや企業ブランディングの刷新です。
この実施規模や展開方法、告知方法によっては、先代との路線の違いや、新ビジョンを明確に伝えることができ効果的です。
ここで構築したポリシーやVI指針を強く反映した広報・広告制作物として、「会社案内、企業Webサイト、採用サイト、製品パンフレット・カタログ、企業VP・映像、エントランスデザイン、社内報、ニュースレター等の広報SP制作物、また名刺・封筒・レターヘッド・伝票等の印刷物等」の各種広報・広告・印刷物をワンストップで包括プロデュースすること。実はこのことは全ての媒体に統一の新ブランドがビルトインされ、メッセージ性が一層強くなります。

03不特定・大衆への広報手段

前項がステークホルダー等の利害関係者、つまりある程度特定された顧客やユーザーが対象の広報手段です。事業形態やユーザーの属性によっては、「新聞広告、雑誌・業界誌広告、プレスリリース、交通広告、またWeb広告等」、不特定大衆を対象としたマス広告を投入することで、より広範囲に告知することが可能となり、世代交代、事業継承を社会、マーケットにアナウンスすることを実現します。

04【事例で検証!】ロゼット株式会社 様<化粧品・医薬部外品製造>

経営陣刷新による会社案内リニューアル導入の経緯

1930年代創業し1950年代に会社設立され、1960年から70年代にかけてテレビCMで一世を風靡し、創業から約90年弱にわたってロゼット洗顔化粧品として、世の女性に愛用されてきた老舗化粧品ブランド。
その息の長い商品生命は、同社様の事業コンセプトである、消費者の親子孫三代にわたって受け継がれるその製品力と価値。
その思想とその間培われてきた技術力・開発力を新世代に受け継いでいこうと、ここ数年で創業家から次世代の事業ビジョンを持つ美容・健康産業グループの傘下に入り、新たな経営路線・事業戦略の中で新たなその一歩を歩み出した。
そのコアコンピタンスは、BtoC通販事業に加え、化粧品・医薬部外品のOEM引受け生産、いわゆるBtoB受託事業。
またそのビジネスシーンにおける新規ユーザーへリーチし、商談に使用する会社案内を大きく刷新したい。またそのBtoBユーザーへリーチする、Web集客のオフィシャルWebサイトを刷新したい、というご要望であった。

ロゼット株式会社 様 企業情報
  • 本社所在地/ 東京都品川区東品川
  • 資本金/ 1億円
  • 事業内容/ 化粧品・医薬部外品の製造販売、通販事業
  • 営業拠点/ 中部営業所・近畿営業所・九州営業所

会社案内の作成実績

その制作コンセプトであるBtoBのOEM生産の営業・商談向け、というビジネス直結型コンテンツスキームとしています。
「昔ながらの化粧品ブランド」、ともすればこの語感からすると、ターゲットは一般消費者であるBtoCユーザー。
以下の掲載の紙面構成から分かる通り、各部門が連係して研究・開発を行っていること、それらを支える組織体制のバックボーン、また何よりも生産受託企業として、その信頼性の証である品質管理、安全・衛生面の情報を専門レベルで情報提供していること。
デザイン性のアライメントは、消費者向けの化粧品ブランドのデザインエッセンスは反映しつつ、いわゆる製造業としての研究開発イメージに寄ったブランディングデザインとすることがこの会社案内のミッションです。

会社案内の表紙デザイン
会社案内の表紙デザイン

同社様ロゴデザインの”パラダイヤ”をモチーフにした線画に、シルバーの箔押しがさりげなく光沢を帯びる。

会社案内デザイン
会社案内のトップ見開きデザイン
会社案内デザイン
会社案内の各ページデザイン<ヒストリーデザイン>
会社案内
会社案内の各ページデザイン<企画提案の組織体制>
会社案内各ページのデザイン
会社案内各ページのデザイン

コンテンツの中心はBtoBの医科向け、OEM生産向けの研究開発、生産設備、品質管理に関する構成。会社案内のコンテンツが、事業の方向性の変化を表している。

会社案内本体とリーフレットデザイン
会社案内本体とリーフレットデザイン

基本情報の中でも変化する可能性のものはリーフレット(ペラパンフレット)化。会社案内本体のデザインはコーポレートカラーを基調とし企業ブランディングを表現したが、リーフレットはカラフルにアクセントをつけ、その存在感を表した。

企業オフィシャルWebの制作実績

企業オフィシャルWebは、現在運用している通販サイトの運営企業として、ブランディング根拠のポジショニングからも、会社案内との相互一貫性を目指した。

企業オフィシャルWebサイト
企業オフィシャルWebサイトのTOPデザイン
企業オフィシャルWebサイト
企業オフィシャルWebサイト
企業オフィシャルWebサイト