パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > 業種・チャネル別 > 【病院パンフレット】デザイン制作・集患増患事例

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

11月28日(木) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

最先端の医療技術のがん治療クリニック。その医療を専門的に説明するパンフレットと、
咀嚼するパンフレットの使い分けで集患を促進。プロダクトアウトとマーケットインのハイブリッド戦略。

01クリニックパンフレット導入の経緯

【導入クリニック】医療法人社団博心厚生会 アベ・腫瘍内科・クリニック 様

がん治療専門の免疫細胞療法の言わばパイオニア的存在のクリニック。以前より資料請求や講演会で配布するクリニックパンフレットを弊社にて制作したが、免疫細胞療法を医学的見地から一定の専門性をもって詳説している。
このパンフレットの重要な用途として、Webや雑誌広告経由の資料請求から、同クリニックへの誘客・集患に使用するもの。ドクターやスタッフの方々にはコンテンツと共にデザイン性も大変好感を持たれており、一定の誘客・集患にもつながっている。
ただ今後さらに来院・受診者増を図る目的で、リニューアルするのか、何か別の手立ては無いか、というご相談をいただいた。

02弊社の提案

現状のクリニックパンフレットは、ラグジュアリーで気品ある色調・デザインを誇り、同クリニック様のメディカルブランディングを体現するそのものと言えるもの。また先進の高度な医療技術やドクターの強い思い入れや心意気を余すところなくコンテンツに仕立てた。
しかしながら、専門的な医療情報に寄ったパンフレットのコンテンツは、知識のない患者やその親族・関係者には、少々重く敷居が高い側面もあったのでは?という仮説から、もっとその専門性を咀嚼して誰にでも理解しやすく、親しみやすいことをコンセプトにした、ライトタイプのパンフレットを別途に作ることが適してはいないか。
つまり従来のクリニックの専門パンフレットも、読み解けるユーザー向けに従来通り活かしつつ、リテラシーの低いユーザー向けとして、新たにライト版のパンフレットを新規作成することが、最も適しているのではないか、と同クリニック様の同意も得、このパンフレットの2本立てで誘客・集患対策を推進することとなった。

03実績紹介:公式パンフレット・ライト版パンフレット

【公式】クリニックパンフレット

このパンフレットを制作するにあたって、同クリニック様の医療コンセプトに基づくブランディング、CI・VI計画、ロゴデザインまでの医療アイデンティティ構築とブランディング制作一式に携わった。
そのコンセプトとブランディングデザインの精神を吹き込んだパンフレットです。
そのコンテンツは「見放された、行き場のないがん患者を救いたい」というドクターの一念が投入され、同クリニックとドクターの先進医療を表す集大成とも言える逸品です。言うなれば「プロダクトアウト」のパンフレット属性でしょう。

パンフレットの表紙
クリニックパンフレットの表紙デザイン

ロゴデザインが輝く【公式】パンフレットの表紙

重厚感の高いデザイン性は、このクリニックの院内インテリアデザインや調度品のラグジェアリーさを表すものです。高額な保険外治療はやはりその付加価値や相応のプレステージ感が重要。リテラシーや意識の高い患者やその家族へ、専門治療と医療技術のレベルの高さをパンフレットデザインで巧みにビジュアル化したと言え、ホスピタルブランディングそのものと言えます。
もちろんコンテンツは難解な専門用語や薬品名の連続する医療ライティング。意識が高いユーザーだからこそその価値がわかってもらえるのです。

パンフレット
クリニックパンフレットのデザイン

院長ドクターのカウンセリングのシーンを大胆にレイアウト。

パンフレット
クリニックパンフレットのデザイン

エントランスデザインをモチーフにした荘厳なブランディングデザイン。獅子をシンボリックに表したCIマークデザインは、弊社渾身の逸品。

パンフレット
クリニックパンフレットの専門ページデザイン
パンフレットデザイン
クリニックパンフレットの待合室写真を使ったデザイン

まさにVIPルームの待合室。調度品は贅を尽くし、待ち受ける患者や家族に期待感を醸成する。

パンフレットデザイン
クリニック内の施設内を紹介したパンフレットデザイン

病院?クリニック?と見紛うほどの院内施設。医療ブランディングの極みを表現している。

【ライト版】クリニックパンフレット

専門の公式版パンフレットが、同クリニック様の優れた医療技術を専門性高く、ドクターの医療への強い想いを込めて、機能・イメージの両面でメッセージ性高く発信する媒体として作成されましたが、このライト版パンフレットは、その真逆を行くといってもいいくらい、一途に読み手の立場に立った、言わば「マーケットイン」のブランディングスタイルそのものです。
コンテンツはがん治療の最先端を行く、「エイビー・バックス」にフォーカスし、専門用語をなるべく使用せず、難解な医療システムも日常的表現で咀嚼し、さらにそれらを視覚的に理解を促す、愛すべきイラストレーションで効果を高めました。

パンフレットデザイン
ライト版ガイドパンフレットの表紙デザイン
パンフレットデザイン
パンフレットのイラストレーション

何となくホッと和む、思わずクスっとしてしまいそう。

パンフレットデザイン
パンフレットのイラストレーション
パンフレットデザイン
パンフレットのメインコンテンツ

ここまでやるか!といっていいほど咀嚼したコンテンツ。難解なことを極限までに平易な表現にすることの難しさ、お分かりいただけると思います。弊社クエリエーターの腕の見せ所でした。

パンフレットデザイン
Q&Aコンテンツ

ユーザーが最も知りたい関心事をピックアップ。