1. パンフレット専科HOME
  2. 作成の目的と用途
  3. 営業活動に使う
  4. 営業パンフレット制作事例-04【BtoB商談・医療品輸送】

営業パンフレット制作事例-04【BtoB商談・医療品輸送】

「営業活動に活かしたい」というリクエストで、パンフレット専科をご利用いただいたお客様の、
営業向け会社案内・パンフレット・カタログの際立つ制作導入事例をご紹介します。

04【制作事例-04】ミニマルだがワイドビューさがBtoB商談に最適。

PCXインターナショナル株式会社 様/ 医療品デリバリー事業

日本国内はもとより、グローバルに医療製品・医療機器の一貫した輸送体制と、独自のデリバリーノウハウを持つオンリーワン企業。
これまで既存顧客中心の事業展開だったが、新規顧客獲得へ向けた販路拡張、営業展開を行うにあたって、そのツールをつくりたい。
ただ独自のビジネスモデルを持ちながら、知る人ぞ知るで、これから企業間取引を推進するにあたって、その知名度の無さ、事業自体の不認知さをなんとか克服する営業ツールをつくりたい。

商談上で圧倒的なデザインの存在感を示す会社案内

独自性が高くオンリーワンイメージを表現する企業ブランディングをコアに、世界中を股にかけトランスポートする躍動感とスピード感をダイナミックにデザインしました。
しかもA4サイズを横遣いといたため、そのダイナミックさが一層助長され、事業の規模感やレンジの広さという付加価値で、会社案内自体の存在感を非常に高め、企業のブランドイメージを高めました。

禁じ手のミニマルスペックでBtoB商談

同社様の知名度が低いこと、またオンリーワンな事業自体の認知度もあまり無いことから、企業間取引を進めるにあたっては、事業概要や業務内容説明、企業情報、ビジネスモデルの特徴・差別性など丁寧なコンテンツが求められます。
また一般的に会社案内、企業パンフレットとしてはミニマルな4ページ構成は、冊子としてのボリューム感や厚みの無さ、情報量が制限されてしまう、といったことから企業価値を出しにくく、ともすれば軽薄なイメージから、BtoBの新規ユーザーからは不本意な先入観を持たれてしまう可能性があり、弊社では決してポジティブなスペックとは捉えていません。
ところが本件については、むしろ簡潔な情報構成、イメージを優先させること、そしてミニマルな仕様、いわゆる4ページ構成の会社案内が、このビジネスモデルに基づくデザインが、この最少スペックを許し、実現しえたものと言えます。

会社案内パンフレットの表紙デザインイメージ
会社案内の表紙デザインイメージ
会社案内パンフレットデザイン
会社案内パンフレットデザイン

4ページの最少構成と思わせないダイナミックな会社案内で圧倒

上画像の右側が表紙で、左側がウラ表紙になります。このデザインを受け継いだ見開きの本文ページは、同社様のオンリーワンたるノウハウがギッシリ詰まったロジスティクスのスキーム。医療関連品の検体や治験薬など高度で難易度の高い輸送技術を、両面見開きで一覧するからこそ、そのビジネスモデルの高付加価値の高さ、ブランディングを強く訴求でき、BtoB商談において営業パーソンの強い味方になる、言わば最強の会社案内でしょう。