パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > 採用活動に使う > 【採用パンフレット戦略01】新卒入社案内5つの要点

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

11月28日(木) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

採用パンフレットを次期新卒採用に向けにリニューアルしたい。
新卒学生に共感を与える採用サイト、他社と差がつく企業説明会・合同説明会パンフレットづくりを支援!

01新卒採用活動と、採用パンフレットづくり5つの要点

採用広報戦線での採用ツールの現状と傾向

超売り手市場の採用戦線

5つの要点の前に、前段で採用戦線での採用ツールの現状と傾向に少し触れておきたいと思います。
経団連「採用選考に関する指針」(以下指針)に沿って、3月開催の広報活動の企業説明会、大学主催説明会、各種合同説明会に向け、事前準備はその半年以上も前からの取組みになります。特に採用広報の重要な存在になる、採用パンフレット・入社案内、ハンディング用リーフレット、採用PRムービー、会場ブースの演出ツール、ポスター、ノベルティ、PPTテンプレートまで、多様な採用ツールづくりの出来不出来、そして重要なのがその投入タイミングで、これらが採用計画の成否を決定付けるといっても過言ではありません。
指針遵守の経団連加盟の大企業はこれまで採用パンフレットのコンテンツに、奇をてらった要素はあまり採り入れず、比較的王道の採用パンフレット・入社案内の傾向にありました。
ところが、昨今の超売り手市場の採用戦線に加え、経団連未加盟の大企業、外資系企業の通年採用・早期先行採用などにより、大企業と言えども採用ツールのあり方に変化が出てきました。ユニークなデザインやコピー表現、遊びの幅を広げたパンフレットの装丁や加工など、過去にはあまり無かったチャレンジングなものも出現し始めたのは、その変化の表れと言えます。

会社ニチイ学館 様/採用パンフレット
株式会社ニチイ学館 様/採用パンフレット

グルーミング事業・ドッグサロンを運営する部門のトリマー採用案内。

ライオン株式会社 様/入社案内
ライオン株式会社 様/入社案内

1冊で営業職(オモテ)・開発職(ウラ)で表紙を変えた。

三菱重工業株式会社 様/リクルート案内
三菱重工業株式会社 様/リクルート案内

「サーマルエンジニアリング」事業部のリクルート案内

中堅・中小企業の採用活動

大企業において苦戦を強いられる中、一方の中堅・中小企業においては何をかいわんやです。
大企業志向の学生が多い中、強烈な逆風下での採用活動を強いられことは依然として必至で、従前にも増して企業合同説明会、企業説明会で使用する採用パンフレット・入社案内・採用サイトのコンテンツやデザイン品質、そして何よりも後述しますが、その投入タイミングが重要になってきます。
弊社として高いクリエイティブ性と、採用戦略、企業ブランディングにマッチした、採用パンフレットを始めとする採用広報ツール制作の支援をしていますが、大企業や同業他社と同傾向の採用ツールでは、もはやその効果は限定的と言わざるを得ません。
ニッチで個性溢れる独自性の高い採用パンフレットや、場合によっては奇をてらう作戦も、中小だからやれる戦術として充分検討余地はあると言えます。もちろん投入タイミングにおいても然りです。

ホテルピエナ神戸 様/採用パンフレット
ホテルピエナ神戸 様/採用パンフレット

人気の高い高級な欧風中堅ホテルの採用パンフレット。

税理士法人 川原経営 様/グループ採用案内
税理士法人 川原経営 様/グループ採用案内

税理士採用案内。職種柄情緒に傾かない傾向はあるが、コンテンツはとてもウエット。

社会福祉法人 戸田市社会福祉事業団 様
社会福祉法人 戸田市社会福祉事業団 様/採用パンフレット

非常に採用難の福祉業だが、毎年多数の新卒者採用実績を誇る。

新卒採用パンフレット5つの要点【2021年に向けて】

それでは以上の前段を踏まえ、このページの本題の、採用パンフレット・入社案内・採用会社案内に求められる「5つの要点」をご提示します。2021年採用活動に向けた再チェックにご活用ください。

1.採用パンフレット・入社案内はプレゼンツール

企業の採用活動は、企業人事・採用担当者のプレゼンシーンである、と弊社では捉えています。企業説明会、合同説明会の会場において集まった就活生に対する壇上での人事・採用担当者のスピーチは、まさに営業パーソンが行うプレゼンテーションのそれと同じ機会であると言えます。
それは営業パーソンがターゲットユーザーに共感を与え、その製品やサービスの購買動機につなげるための、企業にとって経営レベルで重要な意思決定シーンを創出する機会です。
実はこのことは人事・採用担当者も就活者を内定に導き、採用決定のゴールを獲得する、このプロセスは営業のプレゼンで勝利を獲得することと、何ら変わりはないと言えます。
つまりそこのシーンで活かす採用パンフレット・入社案内は人事・採用担当者のプレゼンツールであるという所以です。

三菱重工業株式会社 様/リクルート案内
三菱重工業株式会社 様/リクルート案内

コンパクトな4ページの構成だが、そこにはこの表紙含め工学系の理系学生へのメッセージ性が工夫されている。
説明会【プレゼン】のプロローグ。

リクルート案内の中面デザイン
リクルート案内の中面デザイン

紙面には実務情報がぎっしりと詰め込まれているが、理系学生向け案内ならではの構成。視覚的・情緒的な表現は抑え、専門分野の機能情報をナンバリングでスクエアにまとめ上げたコンテンツは理系に響くスタイル。
まさに企業説明会、合同説明会での採用担当者の【プレゼン】ツールの一つと言え、採用担当者はこのツールに沿って学生に説明を進めていく、言わば説明プレゼン時のレジュメみたいなもの。

リクルート案内の裏面

ここには実績や事業部のスペック等数字で表す情報を、インフォグラフィックで巧みに表現した。

2.ウケ狙い・遊び心

新卒学生個人を対象としている以上、採用ツールの場合、一定のウケやノリは過度にならないレベルでは必要だと言えます。新卒生は様々なシーンで企業採用ツールに出会い、手に取るパンフレットやツールを収集し、少しでも多くの資料や情報を入手したいと思うものです。
合説会場や企業説明会場で新卒生が手にする採用パンフレット・入社案内は、その企業をきちんと認知させ印象付けし、しかも個別に持ち帰るため、その効果を持続させ、親族や同級生にもその場で閲覧提供できます。その意味からもまずはキャッチーな掴みを打つコンテンツやデザインがあることは、決してマイナス要素ではありません。
またそのノリは、遊び心のある企業風土という心地よい印象付けに、むしろ学生には意識醸成という側面で大変効果があると言えます。

アルバック販売株式会社 様/入社案内
アルバック販売株式会社 様/入社案内

真空機器を取扱う営業集団の "おもしろい会社"をアピールした。宇宙と言う真空の世界で自由に羽ばたく様を、中堅・若手社員で演じていただいた。事業フィールドと直結するこのビジュアルは、単に遊び心の延長だけではない企業プレゼンスを表す。

金属技研株式会社 様/採用パンフレット
金属技研株式会社 様/採用パンフレット

合説会場でこのパンフレットを掲げて、この表紙の言葉に反応する理系学生がほしい。

新百合ヶ丘総合病院 様/採用案内
新百合ヶ丘総合病院 様/採用案内

激戦区の採用活動は、いかに目立つことを重視するか。ファッション誌テイストの採用パンフレット。実は12ページの中身は至ってシリアス。つかみの遊びと深い企業理解は別物の典型例。

3.企業コンセプト・ブランディングから真の企業理解

しかしながら、そのウケやノリの良さは初対面の挨拶程度、印象付けのものであり、それだけで終わってしまえば、その後の新卒生には何も残りません。
企業の新卒採用活動である以上、企業の根源的な存在価値やその本質を表すCIや企業コンセプトに加え、事業の差別的優位性や対象マーケットにおける相対的な自社のポジショニングを、学生目線で咀嚼して伝えること、これが学生への企業理解と共感を促し、内定辞退や入社後のミスマッチによる、早期退職削減の一助になる可能性があります。

企業コンセプトと採用ブランディング

このCIとなる企業理念を前面にダイレクトに打ち出し、媒体のコンセプトに仕立てたリクルートガイドの導入事例をご紹介します。CIを採用媒体で言及していく、しかもそのキーワードを全面に採り入れていくことは、一見馴染みにくい、堅苦しいイメージを持たれそうですが、媒体のコンテンツ設計やデザイン表現方法によっては、むしろ好感醸成や無形資産というブランドエクイティ形成につながる効果が期待できるほどです。

 株式会社クロス・マーケティンググループ 様/リクルートガイド
株式会社クロス・マーケティンググループ 様/リクルートガイド:12ページ構成

Webリサーチ業務を中心に、ICTソリューションをグローバル展開する東証一部上場企業のパンフレットです。【事業創造】を企業グループの理念とすることから、この理念を媒体制作のコンセプトに据え、30にも及ぶグループ企業の様々事業フィールドの発展性、未来の可能性を、拡がっていくカラフルなピースで巧みに表現しました。
グローバル展開に夢を馳せ、共に掴み取るために用意された「ボーディングチケット」が、実は新卒学生への強いメッセージとなり、同時に媒体のエポックなキービジュアルとなりました。もちろんフライトは【事業創造】行きです。
以下見開きページの一部をご紹介しますが、CIをブランディングに転用し、活かしていった代表例と言えます。

リクルートガイドの最初の見開きページ
リクルートガイドの最初の見開きページ

表紙の【事業創造】から発生したカラフルなピースが、拡がるフィールドへ誘い、ナビゲートする。

職場内のチームワークや楽しい雰囲気が伝わってくるが...

単に社員紹介には終わらない、単に仕事紹介には終わらない。それはCIをコンテンツの基盤に据えたことにより、掲載された全ての情報に重みと深さがある。つまり学生はヤリガイのある仕事内容で、楽しそうな職場環境を感じ取ると同時に、一本筋の通った企業のコアコンピュタンスを汲み取り、深い企業理解を促すこととなる。

4.制作・投入タイミング

採用パンフレット・入社案内のコンセプトや優れたコンテンツ・デザインが固まっても、その作成・投入タイミングを間違っては効果は限定的です。
3月の広報活動開始から一斉に投入ということであれば、安全を期して2月前半には手許にあること。制作期間は3ヶ月、どんなに早めても2ヶ月です。逆算して遅くとも前年の10~11月頃からの着手、業者選定の期間を入れると更にそに1ヶ月前・・・、結構時間がかかるものとご理解いただけると思います。
さらに外資系企業や、経団連未加盟の大企業、中堅・中小企業におかれては、各社で自由な採用活動がなされると思いますが、前述を参考の上、作成タイミングを設定されることをお薦めします。

採用パンフレット・入社案内の制作スケジュール

5.パンフレットはツールの一つでしかない

弊社では合同説明会、企業説明会に最適化し、採用パンフレット・入社案内作成を承ります。しかしながら、会場ではもっと様々なツールや制作物が必要です。
具体的には会場ブース設計とデザイン、往来ハンディング用のキャッチーでコンパクトなリーフレット、就活生を前にしてのスクリーンで投影する企業ムービー、またそこで説明用に使用するPPTオリジナルテンプレート、掲示用ポスター、スタンドパネル、タペストリー、チェアPOPまで。
採用パンフレット・入社案内を含む各制作物・媒体の一体的運用が、就活生に対し企業ブランディングをエネルギッシュに伝える事が可能となります。

合同説明会の会場ブースデザインイメージ
合説会場でハンディングするリーフレット

写真左上は企業マスコットとして制作したキャラクターをブースのキービジュアルとし、統一したブランドイメージで演出された合説会場のブースイメージ。
写真右は不動産会社のリーフレットです。ブースの内外で往来の就活生にハンディングするツールです。
このような定形外の現場行動を視野に、集客的活動のツールを作ることは、意外と思わぬ集客効果を発揮できるものです。


2021年対応!【新卒採用ツールづくり】

2021採用_スライド・バナー_190411_07.jpg

インターン、 通年採用型、経団連指針、早期採用型、等、

使用するタイミングで作るタイミングが異なる。

8社の事例を交え徹底解説。こちら>>>