パンフレット専科HOME > 作成の目的と用途 > 採用活動に使う > 【採用パンフレット戦略04】 事例01-02|採用パンフレット・入社案内制作

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

クリエイティブMENU一覧

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

総務・広報・経営企画ご担当者必見!

失敗しない、

初めての
会社案内づくり
【東京開催】

事例研究小セミナー

1月29日(水) 詳しくはこちら
パンフレット専科BLOG

パンフレットづくりお役立ち情報

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー公式サイト

サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
個人情報保護認証サイト
パンフレット専科Facebookページ

自社の欲しい人材像=ペルソナを分析し、明確にターゲティングすること。
現在の採用活動シーンにおいては、過去体験や一般論では通用しない、全く新たな採用ツール戦略が重要!

04【事例01-02】採用パンフレット・採用ツール制作

【導入事例01】株式会社野口工務店 様

土木工学系の学生に企業のブランドイメージと強みを発信

隧道工事、土木工事に独自の強味を発揮する同社様。一般的に言うガテンな企業・業種イメージ。その中において、実は非常に特殊で差別性高い土木技術をウリとするオンリーワン企業。
それでもなかなか企業の見える化ができていないので、大手の下請け的な埋もれた建設会社に見えてしまう。
同社様においてこのような見られ方は不本意。なんとかこの企業イメージを払拭し、学生にその本質を理解させたい。

弊社のソリューション

もっと土木工学系の学生にはきちんと身の丈に合った見え方をしたい、という同社様のお題に対し弊社として採用パンフレットで、採用パンフレットの体を越えて、その企業価値、差別的優位性を語る企業ブランディングを表現することとした。
具体的には、実際なかなか学生では理解できないことも多い。
そこで作業途上の「現場」を魅せる工夫を凝らし、入社後に自分が関わる現場イメージをリアルに表現した。同社様の最も得意領域の基幹鉄道や幹線道路の地下工事、隧道工事の卓越した技術と独自の工法を、リアルでダイナミックなビジュアルで表現することがその目的に叶っていることを提案した。
その表現方法の一つとして、都市の発展を支えた同社の土木事業を「Make Next TOKYO」 というキーワードで表し、さらにタイポグラフィの「TOKYO」の部分を型抜きし、大東京を造る担い手である同社の姿を表現した。

100年の重みもさりげなく伝える

100年の歴史で同社様が発展してきた、いわゆる企業コンセプトのコア情報を、学生へ信頼獲得のために活用し、創業当初の写真や資料などを掲載、企業の生業たるヒストリーや企業風土に触れるコンテンツを配しました。
本格派であること、パイオニアであること、ここにフォーカスし、学生がターゲットとは言え、言わばプロフェッショナルを目指す誇りを喚起するテイストに仕上げた。

採用会社案内の表紙デザイン
採用会社案内の見開きデザイン

表紙の「TOKYO」型抜きのウラページでは、その反転での型抜きが覗く。まずもって工学系土木建築を学んだ就活生は、いきなり大規模な同社様の最も強みを発揮するダイナミックに隧道工事現場を目の当たりにする。

リクルート案内パンフレットデザイン
リクルート案内パンフレットデザイン

日本の歴史と共に日本の高度成長を支え、1世紀にも及ぶ素晴らしき数々の施工実績は、この企業の底力の証。
就活生でなくても、頼もしささえ感じてしまう。採用難の中でもその極地の建設業界で、企業パンフレットと採用パンフレットのハイブリッド版としてまさにお手本とも言える逸品。

【導入事例02】アルバック販売株式会社 様

導入企業概要

東京都港区港南に所在の産業用真空機器を取扱う販売会社。東証一部上場の株式会社アルバックを中心としたアルバックグループの中核企業として、国内営業を担う。社員数120名ほどの規模で、東日本5ヶ所、西日本4ヶ所、九州1ヶ所の日本全国に10拠点を有し、自らを「営業集団」と唱える活気あふれる社風が特徴。

ヒアリングによる現状認識と課題抽出

産業用真空機器を取扱う企業として、半導体・電子機器、自動車関連、医療、食品、電機製品...など様々な領域分野に、真空関連装置はじめ分析測定・理化学機器・計測器の機器やコンポーネント類を販売提供している事業内容だが、一般には馴染みが薄い傾向にある。それだけに学生、とりわけターゲットとしている文系学生にはその製品属性や事業内容が理解しにくいことは否めない。
採用パンフレットではそこをベールに包んだまま、ファクト情報をストレートに堅く表現しても、学生の共感や企業理解は得られない、といった現状認識のもとに課題設定をした。

「柔らかな表現」を通して難解さを解消

そこで弊社がひねり出した提案が、事業の本質を「遊び心」や「身近さ」といった柔らかな要素で語る、というもの。
ヒアリングから得られた各種の要素から、「面白ければなんでもあり。」という気風や、「社長を気軽に釣りに誘える関係性」があることを特徴として見出し、これらの要素をフックに活用する採用案内とした。
事業内容である「真空」については、原理原則など堅い情報ではなく、身近にある真空を伝えることを目的として設定。その表現方法として採用したのは、真空環境に近い宇宙空間を舞台に、社員の方々が自由に躍動するシーンを撮影するもの。その結果堅さを感じさせず「何か面白そうな会社」感、満載の表紙デザインに仕上がった。

アルバック販売株式会社 様/採用パンフレット表紙
アルバック販売株式会社 様/採用パンフレット表紙
採用パンフレット最初の見開き
採用パンフレット最初の見開き

ビジネスフィールドや事業のコアとなる「真空」について、また企業紹介、グループ紹介の情報で始まる。表紙に続いて宇宙空間が舞台。

採用パンフレット次の見開き
採用パンフレット次の見開き

企業風土や職場環境、仕事のスタイルについて、社員方々で語っていただいた。

さらに最終見開きページ(下画像)には「メリハリついた自由な”空”気」というコピーを冠し、社員により仕事を語っていただく社内対談とした。
そこに登場するのは自慢の釣り道具を手にした、何と!社長をはじめとする社内「釣り仲間」の社員面々。
採用情報の対談でこんなキャスティングやシチュエーションは弊社も初めてであり、弊社の提案を抵抗無く快く受け入れていただいた社風は特筆もの。
説明会でこのパンフレットを手にした新卒学生も、思わず見入ってしまい、しっかりと入社願望にコンバージョンされることとなる。

採用パンフレット最終の見開き
採用パンフレット最終の見開き

2021年対応!【新卒採用ツールづくり】

2021採用_スライド・バナー_190411_07.jpg

インターン、 通年採用型、経団連指針、早期採用型、等、

使用するタイミングで作るタイミングが異なる。

8社の事例を交え徹底解説。こちら>>>