パンフレット専科HOME作成のポイント > パンフレット作成のポイント

アイム企業広告・広報戦略ミニセミナー&個別相談会

【WEB】アイム企業広告・広報戦略セミナーin赤坂 アイム企業広告・広報戦略セミナーin梅田

個人情報保護認証ホームページ

パンフレットを初めて発注される担当者様へ。作成のコツ・作り方をご説明。

初めて会社案内やパンフレット・カタログを発注をされるご担当者へ。作成のコツ、作り方をご説明。

パンフレット相談室 パンフレット・カタログ制作のご相談

会社パンフレット・カタログ作成 相談室

パンフレット専科お役立ちコンテンツ

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社パンフレットやプレゼン用のPPTデザインをダウンロードできる。

会社案内・パンフレットやプレゼンに活かせるPPTデザインです。デザイン会社が制作した高品質なオリジナル デザインが特徴です。

Mail Magazine メルマガ「AEMagazine」の配信登録はこちらから

週1回発行の6行メルマガ「AEMagazine」
好評配信中!会社の広告・WEB・印刷担当者必見。登録はコチラで。

クリエイティブスタッフ募集

パンフレット作成のポイント

BACK

NEXT

サイズ・形状とスタイル

1.中とじタイプ

パンフレット作成のスタンダードなスタイル

A4サイズで8ページ構成が最もオーソドックスなパンフレット作成のスタイルです。A4、12、16、20…と4の倍数で構成を横にした横長のスタイルも業種や目的によって効果的です。
参考までに、このスタイルの場合、見た目の形状にイレギュラー感がないこと、また情報構成・ページ構成を本体で完結できるので、ユーザが情報を見落とすことを防ぐことができます。一方でこの全てのページが綴じられ固定されているので、コンテンツに変動要素がある場合、差替えのできる後述のポケットホルダ付きペラ挿入スタイルがより効果的な場合があります。

ページバリエーション
中とじタイプ
展開例を見る

このページのTOPへ

2.ポケットホルダ+ペラ差込みタイプ

ページバリエーション
営業ツールとして機能性を高めるポケットホルダ

ポケットホルダ付きのパンフレットです。このタイプでスタンダードなのは二つ折り見開きタイプ(4ページ)で、表紙を開いた右側ページにポケットを配置するスタイルです。このポケットにペラを数枚挿入させます。ペラはA4サイズが一般的なので、ホルダ付き本体はA4より若干大き目のA4ワイドにします。前述のように中とじにして8ページ、12ページ…の最終ページにポケットを配置してそこにペラを挿入する、このスタイルも昨今では大変多くなりました。会社案内を作成するスタイルとしては大変機能的です。
このポケットホルダ付きのメリットは、企業情報や製品等の基本情報が短期的に改定される見込みが高い場合、その情報箇所をペラにしておいて、改定箇所のみ差し替えていく。このことで印刷加工費を最少に抑えることができ、初期コスト用が若干かかったとしても、中長期的にはコストダウンのメリットがあります。
用紙はポケットを配置する表紙になる面を、中面ページよりもコシのある厚手にします。 ポケット部に名刺スリットをつけること、ポケットを見開き左右両面に配置することも可能です。また会社ロゴマークやキービジュアルになったシンボルをポケットの形状にすることも、デザイン的なアクセントになり大変効果的です。

左画像の作品の本体はA4ワイドでペラがA4規格サイズです。従ってA4規格サイズのパンフレットやペラが本体ポケット部ににきれいに収まります。ちなみにポケットはブランドイメージの「クロスサークル」をモチーフとしたユニークな形状となっています。
展開例を見る
ポケットホルダ+ペラ差込みタイプ

このページのTOPへ

3.観音開きタイプ

3面見開きのダイナミックビューで訴求力向上

仕上りはA4、片側観音折りで挟み込み、3面見開きの6ページ構成とするパンフレットです。見開きで3ページ一覧で使用できるので、全体像を一覧で理解させたい場合、或いはビジネスの枠組みをダイナミックに表現でき、営業ツールとしては大変効果的な場合があります。両方観音にする両観音折り(8ページ)も中とじタイプよりも目的やコンテンツ構成によっては効果的な場合があります。8ページ構成の作成の場合、観音折りタイプ、中とじタイプの双方で検討するのも一案です。

ページバリエーション
この観音開きの特長は、左画像の作品の通り、最初の見開きでメインコピーが「卒業後の自分を想像できますか?」から、三面展開(全展開)で「卒業後の自分を創造しよう!」と、「問題提起⇒解決策」といったソリューション的ストーリー展開を創出でき、閲覧ユーザに対し本質理解へよりスピーディに導くことが可能となります。
展開例を見る
観音開きタイプ

このページのTOPへ

4.中とじ+ポケットホルダ+観音開き+ペラ差込みタイプ

ページバリエーション
オフィシャルさと機能性で高付加価値なオールキャストスタイル

前述項目1.中とじタイプで、ページの片側を観音開きするタイプです。8ページに1ページを片観音とすると2ページ分増えるので10ページ構成が可能となります。12ページの場合+2で14ページとなります。
この効果は観音開きのページを全開すると3ページ、もしくは8ページ見開きになり、大きくインパクトあるデザインビジュアルが可能となります。
パンフレットの場合、製品やサービスの展開フロー、ビジネスモデルの枠組み表現等の箇所を観音開きにすれば、スケール感を強調でき、ロジック全体を一覧でき、強いインパクトを視覚化できます。
機能と視覚要素を兼ね備え、一定のボリューム感から製品価値を高め、そこから信頼性などのブランドイメージ形成にもとても効果を発揮します。

さらに最終ページにポケットホルダを設置し、そこに変動情報、または関連情報などのペラパンフレットを挿入すれば、いわゆるオールキャストの高機能且つ高付加価値なパンフレット作成が実現します。

中とじ+ポケットホルダ+観音開き+ペラ差込みタイプ

このページのTOPへ

5.リーフレット・スリムタイプ

ハンディタイプでコンパクトに店頭や受付の備え付け

サイズはA4の1/3(H210mm×W99mm)が一般的です。ハンディタイプでコンパクトなリーフレットですので、病院、飲食店、宿泊施設、商業店舗などの店頭や受付のトレイなどに設置し、ユーザが手軽にピックアップできるので効果的なサイズです。
定型からサイズに工夫を加え、縦長のスリムタイプ(H240mm×W99mm)にすれば、よりスタイリッシュさを表現できます。ファッション系、ハウジング系、エンターテイメント系など、デザイン性や個性を発揮させたい場合に大変効果的です。

ページバリエーション
展開例を見る
リーフレット・スリムタイプ

このページのTOPへ

6.規格外タイプ

既成にとらわれない非日常性がユーザーの心に染み入る

業種や使用目的によっては規格外サイズのパンフレットが有効です。規格サイズが溢れているパンフレット類の中では、非日常感と個性を発揮でき、ユーザに強い印象付けとブランドイメージ形成に作用します。
サイズは例えば、

縦はA4と同様297mmとするが横を260mmとするサイズ
変形A4横サイズに角Rや型抜きの複合加工
縦350mm×150mmの縦長スリムタイプ=スタイリッシュなのタイプ

規格外タイプ

このページのTOPへ

BACK

NEXT